TOP > 人物を探す > 北山達也

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1966年 まで合計51映画作品)

1966年

昭和残侠伝 一匹狼

  • 1966年7月9日(土)
  • 出演(文次 役)

「流れ者仁義」を共同執筆した山本英明と、松本功が今度も二人でシナリオを執筆。「昭和最大の顔役」の佐伯清が監督した「昭和残侠伝シリーズ」第三作。撮影は、「続・おんな番外地」の星島一郎が担当した。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 池部良 富司純子 島田正吾

昭和残侠伝 唐獅子牡丹

  • 1966年1月13日(木)
  • 出演(田代幹治 役)

「昭和残侠伝」でコンビの山本英明と松本功が共同でシナリオを執筆、第一作以来コンビの佐伯清が監督した“昭和残侠伝”シリーズ第二作目。撮影は「おんな番外地 鎖の牝犬」の林七郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 菅原謙二 三田佳子 保積ペペ
1965年

昭和残侠伝

  • 1965年10月1日(金)
  • 出演(荒木 役)

「暗黒街仁義」の村尾昭と「夢のハワイで盆踊り」の山本英明、それに松本功が共同でシナリオを執筆、「刑事 (デカ)」の佐伯清が監督した侠客もの。撮影は「暗黒街仁義」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 三田佳子 伊井友三郎 中田博久

網走番外地(1965)

  • 1965年4月18日(日)
  • 出演(担当看守 役)

伊藤一の原作を「顔役(1965)」の石井輝男が脚色、石井輝男が監督したアクション・ドラマ。撮影は「あの雲に歌おう」の山沢義一。

監督
石井輝男
出演キャスト
高倉健 南原宏治 丹波哲郎 安部徹

飢餓海峡

  • 1965年1月15日(金)
  • 出演(札幌の警部補 役)

水上勉の同名小説を「鮫」の鈴木尚之が脚色「宮本武蔵 一条寺の決闘」の内田吐夢が監督した推理劇。撮影は「路傍の石(1963)」の仲沢半次郎。16ミリからのブローアップ、ネガ像とポジ像を密着してのポジ焼きつけ、現像途中での意識的な露光による「東映W106方式」を採用。1964年12月27日公開予定であったが制作の遅れから、翌年の1965年1月15日公開へと順延、「あの雲に歌おう」との二本立て興行となった。1964年度キネマ旬報ベスト・テン日本映画5位。

監督
内田吐夢
出演キャスト
三國連太郎 風見章子 左幸子 加藤嘉
1964年

竜虎一代

  • 1964年9月23日(水)
  • 出演(小平 役)

岩下俊作の原作を「日本侠客伝」の村尾昭が脚色「銃殺」の小林恒夫が監督したやくざもの。撮影は「ならず者(1964)」の林七郎。

監督
小林恒夫
出演キャスト
鶴田浩二 天知茂 加藤武 柳永二郎
1963年

わが恐喝の人生

  • 1963年12月7日(土)
  • 出演(黒木 役)

藤原審爾原作“恐喝こそわが人生”より、「安来ぶし道中」の大川久男と「馬喰一代(1963)」を監督した瀬川昌治が共同で脚色、「柔道一代」の佐伯清が監督したアクションドラマ。撮影は、「パレンバン奇襲作戦」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 千葉真一 水上竜子 大村文武

浅草の侠客

  • 1963年7月31日(水)
  • 出演(名古屋の旅人1 役)

「銀座の次郎長」の松浦健郎が脚本を執筆、「柔道一代」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影は「恋は神代の昔から」の三村明。

監督
佐伯清
出演キャスト
村田英雄 杉浦直樹 千葉真一 藤田佳子

暗黒街最大の決斗

  • 1963年7月13日(土)
  • 出演(堀警部補 役)

「わたしを深く埋めて」の井上梅次が脚本を執筆、監督したギャングもの。撮影は「殺人鬼の誘惑」の星島一郎。

監督
井上梅次
出演キャスト
鶴田浩二 大木実 高倉健 植村謙二郎

警視庁物語 全国縦断捜査

  • 1963年6月14日(金)
  • 出演(古宇利 役)

“警視庁物語”シリーズの第二十二話。「東京アンタッチャブル 脱走」の長谷川公之が脚本を執筆、「遊民街の銃弾」の飯塚増一が監督した。撮影は「ギャング対Gメン 集団金庫破り」の山沢義一。

監督
飯塚増一
出演キャスト
松本克平 神田隆 堀雄二 南廣

北山達也の関連人物

沢彰謙  関山耕司  大村文武  潮健児  須藤健 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 北山達也

ムービーウォーカー 上へ戻る