TOP > 人物を探す > 石島房太郎

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1966年 まで合計82映画作品)

1966年

網走番外地 荒野の対決

  • 1966年4月23日(土)
  • 出演(原口 役)

伊藤一の原案を、「日本ゼロ地帯 夜を狙え」の石井輝男が脚色監督した“網走番外地”シリーズ第五作目。撮影もコンビの稲田喜一。

監督
石井輝男
出演キャスト
高倉健 田中邦衛 田崎潤 杉浦直樹
1965年

昭和残侠伝

  • 1965年10月1日(金)
  • 出演(戸川 役)

「暗黒街仁義」の村尾昭と「夢のハワイで盆踊り」の山本英明、それに松本功が共同でシナリオを執筆、「刑事 (デカ)」の佐伯清が監督した侠客もの。撮影は「暗黒街仁義」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 三田佳子 伊井友三郎 中田博久
1964年

柔道一代 講道館の鬼

  • 1964年2月1日(土)
  • 出演(与那嶺嘉手 役)

近藤竜太郎の原作を「雲の剣風の剣」の結束信二が脚色「柔道一代」の佐伯清が監督した柔道もの。撮影は「パレンバン奇襲作戦」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
千葉真一 大村文武 桜町弘子 西原八重子
1963年

わが恐喝の人生

  • 1963年12月7日(土)
  • 出演(清水刑事 役)

藤原審爾原作“恐喝こそわが人生”より、「安来ぶし道中」の大川久男と「馬喰一代(1963)」を監督した瀬川昌治が共同で脚色、「柔道一代」の佐伯清が監督したアクションドラマ。撮影は、「パレンバン奇襲作戦」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 千葉真一 水上竜子 大村文武

ギャング忠臣蔵

  • 1963年10月20日(日)
  • 出演(部長刑事 役)

「男の嵐」の松浦健郎がオリジナル・シナリオを執筆、「暴力団」の小沢茂弘が監督したギャングもの。撮影は「親分を倒せ」の西川庄衛。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
片岡千恵蔵 山村聡 今井健二 進藤英太郎

海軍(1963)

  • 1963年8月31日(土)
  • 出演(谷真吉 役)

岩田豊雄原作を「嘘(1963)」の新藤兼人が脚色、「無法松の一生(1963)」の村山新治が監督した軍隊もの。撮影は二口善乃。

監督
村山新治
出演キャスト
北大路欣也 三田佳子 千葉真一 加藤嘉

殺人鬼の誘惑

  • 1963年5月19日(日)
  • 出演(川島部長刑事 役)

「恐怖の魔女」を脚色した山村英司の原作を彼自身と「忍者秘帖 梟の城」の池田一朗が共同で脚色、「恐怖の魔女」の若林栄二郎が監督した記者もの。撮影は「特別機動捜査隊」の星島一郎。

監督
若林栄二郎
出演キャスト
千葉真一 石井淳 南廣 神田隆

警視庁物語 ウラ付け捜査

  • 1963年2月10日(日)
  • 出演(赤木捜査係長 役)

「七人の刑事」の長谷川公之が脚本を執筆、「考える葉」の佐藤肇が監督した警視庁シリーズの第二十話。撮影は「東京アンタッチャブル」の仲沢半次郎。

監督
佐藤肇
出演キャスト
神田隆 堀雄二 花澤徳衛 南廣
1962年

恐怖の魔女

  • 1962年12月16日(日)
  • 出演(川島部長刑事 役)

山村英司のオリジナル・シナリオを「特ダネ三十時間 東京租界の女」の若林栄二郎が監督した特ダネ記者シリーズ。撮影は「遊民街の銃弾」の星島一郎。

監督
若林栄二郎
出演キャスト
千葉真一 石井淳 南廣 神田隆

狙い射ち無頼漢

  • 1962年10月6日(土)
  • 出演(須藤勇太郎 役)

「歌う明星 青春がいっぱい」の若井基成と「胡蝶かげろう剣」の直居欽哉、「素っ飛び二人三脚」の横山保朗が共同でシナリオを執筆。「警視庁物語 十九号埋立地」の島津昇一が監督したアクションもの。撮影は「東京丸の内」の林七郎。

監督
島津昇一
出演キャスト
梅宮辰夫 三田佳子 石島房太郎 曽根晴美

石島房太郎の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 石島房太郎