TOP > 人物を探す > 並木一路

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1964年 まで合計69映画作品)

1951年

オヤオヤ人生

  • 1951年3月7日(水)
  • 出演(酔客 役)

製作は、「アマカラ珍騒動」の有崎勉に小笠久雄が協力、有崎の原作を同じく山下與志一が脚色している。監督は、「こころ妻」の毛利正樹。主演は、「アマカラ珍騒動」の金語樓に、野上千鶴子、「東京ファイル212」の田崎潤、それに千秋実、江川宇禮雄、江戸川蘭子などが助演、特別出演で並木路子と近江俊郎が出演。

監督
毛利正樹
出演キャスト
柳家金語楼 野上千鶴子 田崎潤 千秋実
1950年

アマカラ珍騒動

  • 1950年11月11日(土)
  • 出演(宣伝課の男 役)

山下敬太郎と小笠原久夫の協同製作で、有崎勉の原作を「影を慕いて」の山下與志一が脚色し「私刑」の中川信夫が監督に当った青柳プロと新東宝の提携作品。配役陣には「恋愛台風圏」の柳家金語楼、「暁の追跡」の野上千鶴子、「エノケンの豪傑一代男」の渡辺篤の他、ディック・ミネ、森繁久彌、昔々亭桃太郎、並木一路、木戸新太郎等の笑劇メンバーが出演している。

監督
中川信夫
出演キャスト
柳家金語楼 野上千鶴子 若水絹子 ディック・ミネ

戦後派親爺

  • 1950年4月26日(水)
  • 出演(平山 役)

「処女宝」につぐ児井英生のプロデュース・シナリオは新人の悠六介の執筆による。「あきれた娘たち」「おどろき一家」「続向う三軒両隣り 恋の三毛猫」につぐ斎藤寅次郎の監督、カメラは「おどろき一家」「憧れのハワイ航路」「向う三軒両隣り」の友成達雄、出演は「向う三軒両隣り」の柳家金語楼のほか、「海の狼」の月丘千秋が共演する。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
柳家金語楼 月丘千秋 清川虹子 藤原釜足
1949年

びっくり五人男

  • 1949年6月7日(火)
  • 出演(街頭録音の紳士 役)

「嫁入聟取花合戦」につぐ新東宝・吉本映画提携作品で、杉原貞雄氏の独立プロデュウサァとしての第一回作品である。最初“新東京五人男”の題名から改題されたもので東日・コロムビアが後援して劇中に“新東京音頭”がもり込まれる。脚本の八住利雄、監督の斎藤寅次郎、撮影の友成達雄は「のど自慢狂時代」につぐトリオで、主役は「のど自慢狂時代」で映画界にデビュした天才少女歌手美空ひばり(十二歳で横浜国際専属)彼女をめぐって吉本四人男のエンタツ、アチャコ、川田晴久(義雄の改名)木戸新太郎(ともに「嫁入聟取花合戦」に出ている)に「結婚狂時代」の古川緑波、新東宝の宮川玲子、野上千鶴子、田中春男らが助演する。特別出演は和田信賢、杉山よし子、並木一路、藤山一郎、赤坂小梅などである。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
古川緑波 宮川玲子 横山エンタツ 花菱アチャコ

おどろき一家

  • 1949年12月13日(火)
  • 出演(藤田 役)

「女の顔」につぐ太泉自主作品。原作は「あきれた娘たち」と同じく阿木翁助。脚色は「無頼漢長兵衞」の八住利雄で「あきれた娘たち」につぐ斎藤寅次郎が演出し「あきれた娘たち」の友成達雄がキャメラを担当する。出演は「七彩の虹」の入江たか子「悲しき口笛」の美空ひばり「あきれた娘たち」の花菱アチャコ、「花嫁と乱入者」の古川緑波「あきれた娘たち」の木戸新太郎「エノケン・笠置の極楽夫婦」の清川虹子らである。

監督
出演キャスト
入江たか子 美空ひばり 古川緑波 花菱アチャコ
1948年

狙われた女(1948)

  • 1948年8月9日(月)
  • 出演(卯佐吉 役)

「好色五人女」につぐ大映京都の時代もので、脚本は東宝「新馬鹿時代」「青い山脈(1949)」(今井正と共同)の小国英雄、監督は「おしどり笠」「山猫令嬢」の森一生。大映と新契約した嵐寛寿郎が「闇を走る馬車」「龍虎伝」以来一年二ヶ月ぶりで「好色五人女」の花柳小菊、「親馬鹿大将」の金語楼と組んで主演する。他に漫才の一路、突破が特出し、映画久しぶりの沢村貞子に、これまた終戦後初の市川男女之助、「かくて忍術映画は終わりぬ」「春爛漫狸祭」の新人日高澄子が助演する。

監督
森一生
出演キャスト
嵐寛寿郎 花柳小菊 柳家金語楼 並木一路
1947年

見たり聞いたりためしたり

  • 1947年6月10日(火)
  • 出演(長太 役)

東京タイムス連載のサトウハチローの原作を、「東京五人男」「幸運の仲間」の山下與志一が脚色、「東京五人男」「聟入り豪華船」の斎藤寅次郎が演出にあたる。灰田勝彦、アキレタボーイズ、権太楼、一路・突破のコンビ、ニュー・フェイス野上千鶴子らの出演。

監督
出演キャスト
灰田勝彦 野上千鶴子 田中春男 清川玉枝

素晴らしき日曜日

  • 1947年6月25日(水)
  • 出演(街頭写真屋 役)

昨秋「わが青春に悔なし」を発表後本年に入り「四つの恋の物語(1947)」第一話(初恋)「銀嶺の果て」(谷口千吉監督)等のシナリオを書き下した黒澤明の本年度第一回監督作品。脚本は「今ひとたびの」の植草圭之助、撮影は「幸運の仲間」「わが青春に悔なし」「四つの恋の物語(1947)」第四話(恋のサーカス)の中井朝一がそれぞれ担当。沼崎勳、中北千枝子が主演するほか、ロッパ一座の渡辺篤、エノケン一座の中村是好、菅井一郎、小林十九二、清水将夫らが出演している。

監督
黒澤明
出演キャスト
沼崎勳 中北千枝子 菅井一郎 有山緑

聟入り豪華船

  • 1947年1月14日(火)
  • 出演(中村寒次郎 役)

「東京五人男」の斎藤寅次郎の演出になる続東京五人男。

監督
出演キャスト
榎本健一 並木一路 内海突破 坊屋三郎

並木一路の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 並木一路