映画-Movie Walker > 人物を探す > 岩武仙史

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1962年 まで合計27映画作品)

1962年

大笑い次郎長一家 三ン下二挺拳銃

  • 1962年5月15日(火)公開
  • 美術

野沢純の原作を、福田良二・朝日奈喬・七条門が脚色し、「私は嘘は申しません」の斎藤寅次郎が監督した喜劇。撮影担当は「胎動期 私たちは天使じゃない」の岡田公直。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
平凡太郎 谷村昌彦 小桜京子 津路清子
1961年

黒い傷あとのブルース(1961 小野田嘉幹)

  • 1961年11月22日(水)公開
  • 美術

猪俣勝人の原作を味楽京香が脚色、「お笑い三人組 怪しい奴にご用心」の小野田嘉幹が監督したアクションもの。撮影は「狂熱の果て」の岡田公直。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
牧真史 島崎雪子 月田昌也 植村謙二郎

私は嘘は申しません

  • 1961年4月5日(水)公開
  • 美術

大貫正義の原作を、「「粘土のお面」より かあちゃん」の館岡謙之助と、朝日奈喬が脚色し、「誰よりも金を愛す」の斎藤寅次郎が監督した喜劇。「桃色の超特急」の須藤登が撮影した。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
松原緑郎 泉和助 大宮敏充 水原ユカ

俺は都会の山男

  • 1961年2月22日(水)公開
  • 美術

七条門・福田良二の共同脚本を、「女王蜂の逆襲」の小野田嘉幹が監督したアクションもの。撮影も同じく「女王蜂の逆襲」の岡田公直。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
吉田輝雄 三条魔子 万里昌代 高城美佐

恋愛ズバリ講座

  • 1961年1月21日(土)公開
  • 美術

大蔵社長退陣後の新企画による第一作で、三部に分れたオムニバス映画。監督は第一部が「男が血を見た時(1960)」の三輪彰、第二部が「怪猫 お玉が池」の石川義寛、第三部が「セクシー地帯」の石井輝男。

監督
三輪彰 石川義寛 石井輝男
出演キャスト
天知茂 小畑絹子 松原緑郎 星輝美
1960年

東海道非常警戒

  • 1960年12月10日(土)公開
  • 美術

宮川一郎と藤島次郎の共同脚本を、「中乗り新三 天竜鴉」の山田達雄が監督したアクション・ドラマ。撮影は「怪猫 お玉が池」の河崎喜久三。

監督
山田達雄
出演キャスト
宇津井健 伊達正三郎 小畑絹子 高宮敬二

蛇精の淫

  • 1960年9月23日(金)公開
  • 美術

「殺されるのは御免だ」の田辺虎男の脚本を、「女獣」の曲谷守平が監督した怪奇映画で、飛騨山中に伝えられる伝説を描いている。撮影も「女獣」の平野好美。

監督
曲谷守平
出演キャスト
小畑絹子 浅見比呂志 林寛 津路清子

女獣

  • 1960年8月19日(金)公開
  • 美術

「地下帝国の死刑室」のコンビ葉山浩三と志原弘の脚本を、「女と命をかけてブッ飛ばせ」の曲谷守平が監督したもので、婦人警察官の活躍を描いたアクション・ドラマ。撮影は「肉体の野獣」の平野好美。

監督
曲谷守平
出演キャスト
小畑絹子 松浦浪路 菅原文太 岬洋二

地下帝国の死刑室

  • 1960年2月14日(日)公開
  • 美術

棋本捨三の『罠』を、葉山浩三・志原弘が共同で脚色、「双竜あばれ雲 (前後篇)」の並木鏡太郎が監督したもので、公安Gメンの活躍を描いたアクション・ドラマ。撮影は「雷電(1959)」の西本正。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
宇津井健 池内淳子 和田桂之助 国創典
1959年

人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男

  • 1959年12月13日(日)公開
  • 美術

人形佐七捕物帖シリーズの第七話。横溝正史の『雪女郎』を「闘争の広場」の共同執筆者・宮川一郎が脚色、「復讐秘文字峠 (前後篇)」の山田達雄が監督した。「若君漫遊日本晴れ 善光寺黄金道中」の河崎喜久三が撮影を担当した。

監督
山田達雄
出演キャスト
中村竜三郎 鮎川浩 小高まさる 小畑絹子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岩武仙史