映画-Movie Walker > 人物を探す > 大町文夫

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1966年 まで合計45映画作品)

1966年

太陽が大好き

  • 1966年5月11日公開
  • 出演(隣家の主人 役)

森山啓の同名の小説を「俺は死なないぜ」の原源一が脚色、「川っ風野郎たち」の若杉光夫が監督した青春もの。撮影もコンビの井上莞。

監督
若杉光夫
出演キャスト
太田雅子 垂水悟郎 大森義夫 浜田光夫

鉄火場仁義

  • 1966年2月12日公開
  • 出演(藤五郎 役)

小山崎公朗の原案をもとに、「男の紋章 竜虎無情」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「愛して愛して愛しちゃったのよ」の井田探が監督したアクションもの。撮影もコンビの萩原泉。

監督
井田探
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 芦田伸介 滝沢修
1965年

男の紋章 俺は斬る

  • 1965年10月8日公開
  • 出演(高根藤太 役)

「続男の紋章」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「星と俺とできめたんだ」の井田探が監督した“男の紋章シリーズ”第九作目。撮影もコンビの萩原泉。

監督
井田探
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 轟夕起子 小池朝雄

男の紋章 流転の掟

  • 1965年7月24日公開
  • 出演(老代貸 役)

「涙をありがとう」の甲斐久尊のオリジナル・シナリオを「男の紋章 喧嘩街道」の滝沢英輔が監督した“男の紋章”シリーズ第八作目。撮影もコンビの高村倉太郎。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
高橋英樹 轟夕起子 和泉雅子 近藤宏

証人の椅子

  • 1965年5月15日公開
  • 出演(坂根の父 役)

開高健の原作“片隅の迷路”を「赤ひげ」の井手雅人が脚色「にっぽん泥棒物語」の山本薩夫が監督した社会ドラマ。撮影は上村竜一。なお、スチルは大沢専之他十名が担当した。

監督
山本薩夫
出演キャスト
福田豊土 吉行和子 新田昌玄 奈良岡朋子

北国の街

  • 1965年3月20日公開
  • 出演(吾作 役)

富島健夫の原作“雪の記億”を「学園広場」の倉本聰が脚色「花咲く乙女たち」の柳瀬観が監督した青春もの。撮影は「噂の風来坊」の柿田勇。

監督
柳瀬観
出演キャスト
舟木一夫 信欣三 山内賢 大町文夫
1964年

男の紋章 花と長脇差

  • 1964年11月11日公開
  • 出演(川辺村の源三 役)

「新・男の絞章 度胸一番」の甲斐久尊と「死にざまを見ろ」の中西隆三が共同でシナリオを執筆「新・男の絞章 度胸一番」の滝沢英輔が監督したシリーズもの。撮影もコンビの高村倉太郎。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 轟夕起子 近藤宏

出撃

  • 1964年4月4日公開
  • 出演(権六 役)

高木俊郎の原作を「喜劇 陽気な未亡人」の八住利雄が脚色「霧子のタンゴ」の滝沢英輔が監督した戦争もの。撮影は「浅草の灯 踊子物語」の横山実。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
伊藤孝雄 平田大三郎 金井進二 山根久幸

姿なき拳銃魔

  • 1964年3月4日公開
  • 出演(横田捜査課長 役)

川瀬治の原作を、大川久男、渡辺祐輔が脚色「機動捜査班 静かなる暴力」の小杉勇が監督したアクション・ドラマ。撮影は「虎の子作戦」の中尾利太郎。

監督
小杉勇
出演キャスト
葉山良二 吉行和子 大町文夫 佐野浅夫
1963年

波浮の港

  • 1963年9月21日公開
  • 出演(宇平 役)

小沢不二夫原作“おもかげ”より「丘は花ざかり(1963)」の才賀明が脚色、「若い東京の屋根の下」の斎藤武市が監督した文芸もの。撮影もコンビの横山実。

監督
斎藤武市
出演キャスト
吉永小百合 浜田光夫 宇野重吉 高野由美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大町文夫