TOP > 映画監督・俳優を探す > アレクサンダー・カー

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1933年 まで合計4映画作品)

1933年

ナイヤガラ珍婚旅行

  • 1933年
  • 出演(Mr._Rosemountain 役)

「突貫赤ん坊」「結婚はしたけれど」と同じくスリム・サマーヴィル、ザス・ピッツ共演喜劇で、ティム・ウィーランが書き下ろした物語を「放送室の殺人」「カンターの闘牛師」のウィリアム・アンソニー・マクガイアが脚色し、「悪魔の富籖」「お転婆キキ(1931)」のサム・テイラーが監督、「突貫赤ん坊」「活動屋往来」のジェローム・アッシュが撮影したもの。助演者は「競馬天国」「恐怖の甲板」のシャーリー・グレイ、「放送室の殺人」のロロー・ロイド、ローラ・ホープ・クルーズ、エドワード・ピール等である。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
スリム・サマーヴィル ザス・ピッツ ローラ・ホープ・クルーズ シャーリー・グレイ
1926年

お前とならば空までも

  • 1926年
  • 出演(Mawruss_Perlmutter 役)

「滑稽ホリウッド」と同じくモンタギュー・グラス氏とジュールス・エッカート・グッドマン氏との合作舞台劇をフランセス・マリオン女史が脚色し、「ステラ・ダラス(1925)」「ロモラ」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので主役は「滑稽ホリウッド」と同じくジョージ・シドニー氏とアレクサンダー・カー氏とが演じ「ドロシー・ヴァーノン」「王様万歳」等出演のアラン・フォレスト氏、「沈黙の命令」等出演のベティー・ジュウエル嬢、リリアン・エリオット嬢、ロバート・シェプール氏等が助演する愉快なる笑劇である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジョージ・シドニー アレクサンダー・カー ベティー・ジュウエル アラン・フォレスト

えくぼ御用心

  • 1926年
  • 出演(Al_Goldringer 役)

サタデイ・イブニング・ポストに連載されたニナ・ウィルコックス・プトナム女史作の小説に基づきA・P・ヤンガー氏とオルガ・プリンツロー女史が脚色し「我れ世に誇る」「発明の栄冠」等と同じくエドワード・スローマン氏が監督したもの。主役は「乙女の危険期」「厄介娘」等主演のローラ・ラ・プラント嬢で「独身倶楽部」等出演のハリー・マイヤース氏「滑稽ホリウッド」等出演のアレクサンダー・カー氏及びユッカ・トルーベツコイ氏、バートラム・グラスビー氏等が助演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ハリー・マイヤース バートラム・グラスビー アレクサンダー・カー
1924年

滑稽ホリウッド

  • 1924年
  • 出演(Mawruss_Perlmutter 役)

モンタギュー・グラス氏とジュールス・エッカート・グッドマン氏原作になる舞台劇「娯楽の前に商売励め」“Business Before Pleasure”に基づきフランセス・マリオン女史が脚色したもので「襤褄を飾って」「小公子」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏の監督したもの。主役は「シーバの女王」主演のベティー・ブライス嬢で、舞台で人気のあったジョージ・シドニー氏がポターシュに扮して御目見得し、この映画の前編たる「ポターシュとパールムッター」に出演したアレクサンダー・カー氏が同じくパールムッターに扮している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
アンダース・ランドルフ アレクサンダー・カー ジョージ・シドニー ヴェラ・ゴードン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アレクサンダー・カー

ムービーウォーカー 上へ戻る