TOP > 映画監督・俳優を探す > 安住譲

年代別 映画作品( 1961年 ~ 1963年 まで合計14映画作品)

1963年

無宿人別帳

  • 1963年1月27日(日)
  • 出演(加賀谷庄吉 役)

オール読物連載松本清張原作の同名小説の映画化で、「しのび逢い」の小国英雄が脚色、「熱愛者」の井上和男が監督した異色時代劇。撮影もコンビの堂脇博。

監督
井上和男
出演キャスト
田村高廣 二本柳寛 長門裕之 三國連太郎
1962年

切腹

  • 1962年9月16日(日)
  • 出演(新免一郎 役)

サンデー毎日大衆文芸賞入選作として、昭和三十三年十月号の同誌上に発表された滝口康彦原作「異聞浪人記」より「八百万石に挑む男」の橋本忍が脚色、「からみ合い」の小林正樹が監督した異色時代劇。撮影は「お吟さま(1962)」の宮島義男。

監督
小林正樹
出演キャスト
仲代達矢 岩下志麻 石浜朗 稲葉義男

雁ちゃんの警察日記

  • 1962年2月4日(日)
  • 出演(川崎 役)

樫原一郎原作の小説から、「サラリーマン手帖 坊っちゃん社員とぼんぼん社員」の森田竜男が脚色。同じく酒井欣也が監督した喜劇もの。

監督
酒井欣也
出演キャスト
芦屋雁之助 牧紀子 榊ひろみ 田原弘二郎
1961年

続こつまなんきん お香の巻

  • 1961年3月19日(日)
  • 出演(近藤 役)

今東光原作の映画化「こつまなんきん」の続篇で、脚色・富田義朗、監督・酒井辰雄、撮影・倉持友一といずれも前作「こつまなんきん」の顔ぶれ。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
瑳峨三智子 三上真一郎 曽我廼家明蝶 曽我廼家五郎八

妻あり子あり友ありて

  • 1961年
  • 出演(田宮五郎 役)

樫原一郎の「ニッポン警視庁」を原作に「東京夜話」の八住利雄が脚色、「女房学校」の井上海次が監督した二人の刑事の半生記。撮影は「新・二等兵物語 めでたく凱旋の巻」の石本秀雄。

監督
井上梅次
出演キャスト
大木実 高千穂ひづる 津川雅彦 佐田啓二

母と娘(1961)

  • 1961年7月9日(日)
  • 出演(近藤為春 役)

小糸のぶの原作を、「宮本武蔵(1961)」の成澤昌茂が脚色し、「かあちゃんしぐのいやだ」の川頭義郎が監督したハイティーンもの。撮影も「かあちゃんしぐのいやだ」の荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
鰐淵晴子 佐分利信 浅茅しのぶ 平山清

秀才はんと鈍才どん

  • 1961年6月30日(金)
  • 出演(五郎 役)

「続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行」の花登筐が自らの原作を脚色し同じく「続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行」の的井邦雄が監督した明朗編。撮影も同じく太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁之助 山下洵一郎

千両鴉

  • 1961年5月16日(火)
  • 出演(直吉 役)

「中乗り新三 天竜鴉」のコンビ宇野正男と岸生朗の脚本を、「お夏捕物帖 通り魔」の萩原遼が監督した、三波春夫の鴉シリーズ第二作。撮影は「快人黄色い手袋」の服部幹夫。

監督
萩原遼
出演キャスト
三波春夫 環三千世 北条喜久 瑳峨三智子

続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行

  • 1961年4月1日(土)
  • 出演(警察官 役)

「番頭はんと丁稚どん」の映画化第四作。原作者・花登筐が自ら脚色し、「続々番頭はんと丁稚どん」の的井邦男が監督した。撮影も同じく太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁平 芦屋雁之助

兵六大臣行状記 漁色のこよみ

  • 1961年2月19日(日)
  • 出演(一郎 役)

下川儀太郎の原作を、柳沢類寿と山根優一郎が共同で脚色し、新人・森美智夫が監督した喜劇。森監督は大正十二年生れ、主に福田晴一に師事した。撮影は「武士道無残」の川原崎隆夫。

監督
森美智夫
出演キャスト
伴淳三郎 毛利菊枝 森八郎 滝川美津枝

安住譲の関連人物

山路義人  永田光男  佐乃美子  松井康子  田中謙三 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 安住譲

ムービーウォーカー 上へ戻る