映画-Movie Walker > 人物を探す > 泉京子

年代別 映画作品( 1956年 ~ 2013年 まで合計41映画作品)

2013年

お早よう デジタルリマスター

  • 2013年12月7日(土)公開
  • 出演(丸山みどり 役)

“おなら遊び”が流行っていたわんぱく盛りの兄弟が、まだ珍しかったテレビ欲しさに両親と喧嘩をし、巻き起こす騒動を描いたコメディ。監督は小津安二郎。脚本は野田高梧と小津安二郎。撮影は厚田雄春。出演は、佐田啓二、久我美子、笠智衆、三宅邦子、杉村春子ほか。小津作品の撮影チーフ助手を務めた川又昂監修による、4Kスキャニングによる最新のデジタル修復を実施したHDマスター。2013年11月23日より、東京・神田 神保町シアターにて開催された「生誕110年・没後50年記念 映画監督 小津安二郎」にて上映。

監督
小津安二郎
出演キャスト
笠智衆 三宅邦子 設楽幸嗣 島津雅彦
1969年

旅に出た極道

  • 1969年3月30日(日)公開
  • 出演(小燕 役)

「緋牡丹博徒 花札勝負」の鳥居元宏と「昭和残侠伝 唐獅子仁義」の松本功が脚本を執筆し「荒野の渡世人」の佐藤純彌がメガホンをとったシリーズ第五作。「にっぽん'69 セックス猟奇地帯」の赤塚滋が撮影を担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
若山富三郎 清川虹子 山城新伍 関山耕司
1968年

不良番長

  • 1968年10月1日(火)公開
  • 出演(君代 役)

「帰って来た極道」の松本功と、「極悪坊主」の山本英明が共同でシナリオを執筆し、野田幸男が監督した現代風俗もの。撮影は「怪談 蛇女」の山沢義一。

監督
野田幸男
出演キャスト
梅宮辰夫 南原宏治 夏珠美 石山健二郎
1963年

海女の怪真珠

  • 1963年1月1日(火)公開
  • 出演(トミ 役)

「暴力五人娘」の岡戸利秋と「反逆児(1961)」の金田光夫が共同で脚本を執筆、「続性と人間」の小林悟が監督した活劇。撮影は「北上川悲歌」の岩橋秀光。

監督
小林悟
出演キャスト
梅若正二 泉京子 扇町京子 大原譲二
1962年

波止場で悪魔が笑うとき

  • 1962年1月3日(水)公開
  • 出演(緑川ルミ 役)

銃殺された弟の復讐に燃える男の戦いを描くアクション映画。監督は「母恋鳥」の中川順夫。主演は「黒い傷あとのブルース」の牧真史。

監督
中川順夫
出演キャスト
牧真史 泉京子 月田昌也 丘野美子
1961年

抱いて頂戴

  • 1961年4月16日(日)公開
  • 出演(星野ゆかり 役)

「快人黄色い手袋」の川内康範が自らの原作を脚色し、「激闘」の岩城其美夫が監督したコメディ。撮影は「もず」の長岡博之。

監督
岩城其美夫
出演キャスト
桑野みゆき 杉浦直樹 芳村真理 山下洵一郎

はったり青年紳士

  • 1961年3月15日(水)公開
  • 出演(謎の女 役)

「浮気のすすめ 女の裏窓」の椎名利夫の脚本を、「白い波涛」の田畠恒男が監督したスリラー・コメディ。撮影担当も「白い波涛」の布戸章。

監督
田畠恒男
出演キャスト
三上真一郎 川津祐介 牧紀子 九条映子
1960年

明日はいっぱいの果実

  • 1960年11月13日(日)公開
  • 出演(長門ユキ 役)

新人斎藤正夫の第一回作品で、斎藤自身と山田太一の脚本を監督した、鰐淵晴子帰国第一作のコメディ。斎藤監督は昭和五年生れ、東大経済学部卒後、昭和二十八年大船に入り川頭義郎のチーフを勤めていた。撮影は「暴れん坊三羽烏」の荒野諒一が担当した。

監督
斎藤正夫
出演キャスト
鰐淵晴子 姫ゆり子 杉浦直樹 桂小金治

禁男の砂 真夏の情事

  • 1960年7月19日(火)公開
  • 出演(佐倉富美子 役)

「禁男の砂」の第四話。岩間鶴夫と芦沢俊郎の脚本を、「断崖に立つ女」の岩間鶴夫で監督した、スリラー・コメディ。撮影は「恋の片道切符」の小杉正雄。

監督
岩間鶴夫
出演キャスト
小山明子 瞳麗子 姫ゆり子 九条映子

痛快なる花婿

  • 1960年1月29日(金)公開
  • 出演(秋山ユカリ 役)

池田忠雄・中村定郎・芦沢俊郎・入江円の共同脚本を、「ふるさとの風」の原研吉が監督した下町喜劇。撮影は「わかれ」の森田俊保が担当した。

監督
原研吉
出演キャスト
石浜朗 小山明子 大泉滉 日比野恵子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 泉京子