映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡村文子

年代別 映画作品( 1945年 ~ 1973年 まで合計171映画作品)

1973年

恐怖女子高校 アニマル同級生

  • 1973年12月1日(土)公開
  • 出演(東田百々代 役)

女子学園を舞台に、札つき女子高校生の赤裸々な生態と、悪質な学園経営者との対立を描く。脚本は「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」の掛札昌裕と中島信昭、監督は「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」の志村正浩、撮影は「東京=ソウル=バンコック 実録麻薬地帯」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
志村正浩
出演キャスト
池玲子 衣麻遼子 織部ゆう子 春日朱美
1969年

日本女侠伝 侠客芸者

  • 1969年7月31日(木)公開
  • 出演(お茂 役)

「緋牡丹博徒 一宿一飯」の野上龍雄が脚本を書き、「おんな刺客卍」の山下耕作が監督したシリーズ第一作。撮影は「懲役三兄弟」の鈴木重平が担当した。

監督
山下耕作
出演キャスト
藤純子 桜町弘子 三島ゆり子 時美沙

ある見習看護婦の記録 赤い制服

  • 1969年4月19日(土)公開
  • 出演(おババの方 役)

「ガメラ対大悪獣ギロン」の高橋二三が脚本を執筆し、主として増村保造の助監督をつとめていた臼坂礼次郎の監督昇進第一作。撮影は「蛇娘と白髪魔」の上原明。

監督
臼坂礼次郎
出演キャスト
南美川洋子 渥美マリ 八代順子 津山由起子

青春の鐘

  • 1969年1月11日(土)公開
  • 出演(依田さき 役)

「昭和元禄 TOKYO196X年」の倉本聰がシナリオを執筆し、「禁断の果実」の鍛冶昇が監督した青春もの。撮影は「BG・ある19才の日記 あげてよかった!」の萩原憲治。

監督
鍛冶昇
出演キャスト
舟木一夫 松原智恵子 吉田次昭 北龍二
1968年

ザ・タイガース 華やかなる招待

  • 1968年12月19日(木)公開
  • 出演(女の先生 役)

「初恋宣言」の田波靖男がシナリオを執筆し、「にっぽん親不孝時代」の山本邦彦が監督した歌謡喜劇。撮影は「北穂高絶唱」の村井博が担当した。

監督
山本邦彦
出演キャスト
沢田研二 瞳みのる 加橋かつみ 岸部おさみ

恋人と呼んでみたい

  • 1968年2月1日(木)公開
  • 出演(オババ 役)

赤松光夫の原作「ミステーク時代」(秋元書房刊)を、「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」の高橋二三が脚色し、「花と果実」の森永健次郎が監督した歌謡青春もの。撮影は「おゆきさん」の藤岡粂信。

監督
森永健次郎
出演キャスト
永井秀和 鮎川いづみ 山川ワタル 長浜鉄平
1966年

かあちゃんと11人の子ども

  • 1966年10月1日(土)公開
  • 出演(まち 役)

吉田とらの原作を「恐山の女」の堀江英雄が脚色し、同じく「恐山の女」の五所平之助が監督した実話の映画化。撮影は「俺たちの恋」の長岡博之。

監督
五所平之助
出演キャスト
左幸子 渥美清 久我美子 稲野和子

涙くんさよなら

  • 1966年7月30日(土)公開
  • 出演(山岡の女将 役)

「帰ってきた狼」で共同執筆した倉本聰と明田貢がシナリオを担当。「帰ってきた狼」の西村昭五郎が監督した、青春音楽路線第一作。撮影は「放浪のうた」の姫田真佐久。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
ジュディ・オング 山内賢 和田浩治 杉山元
1965年

呼んでるぜあの風が

  • 1965年6月12日(土)公開
  • 出演(妻辰子 役)

渡辺秋哉の“改札日記”を「山男の歌」でコンビの勝目貴久と千葉茂樹が共同で脚色、TV「図々しい奴」の演出者枝川弘が監督した青春もの。撮影は武部慶二。

監督
枝川弘
出演キャスト
竹脇無我 山田吾一 藤原釜足 佐々木愛
1964年

警視庁物語 行方不明

  • 1964年12月5日(土)公開
  • 出演(松井の母・くめ 役)

「警視庁物語 自供」の長谷川公之がシナリオを執筆「警視庁物語 自供」の小西通雄が監督した警視庁シリーズ。撮影もコンビの山沢義一。

監督
小西通雄
出演キャスト
松本克平 神田隆 堀雄二 花澤徳衛
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡村文子