TOP > 人物を探す > 殿岡ハツエ

年代別 映画作品( 1964年 ~ 1974年 まで合計11映画作品)

1974年

あさき夢みし

  • 1974年10月26日(土)
  • 出演(遊女 役)

十三世紀後半王朝の挽歌が貴族たちの胸を掠める時、宮廷の後宮に生きた一人の女性の愛欲、人間としてのめざめ、そして自由を求めての出家を描く。脚本は詩人の大岡信、監督は「哥」の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫がそれぞれ担当。

監督
実相寺昭雄
出演キャスト
ジャネット八田 花ノ本寿 寺田農 岸田森
1973年

ボディガード牙

  • 1973年5月24日(木)
  • 出演(ヌードショウの女 役)

全身に凶器をつけたような“神の手・牙”が、世界中の暴力組織が暗躍する東京で、マフィア相手に大暴れするアクション映画。原作は梶原一騎・作、中城健・画の同名劇画、脚本は「狼やくざ 葬いは俺が出す」の中西隆三、監督は「セックスドキュメント トルコの女王」の鷹森立一、撮影も同作の中島芳男がそれぞれ担当、

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 渥美マリ 内田良平 伊達三郎
1972年

哀愁のサーキット

  • 1972年12月27日(水)
  • 出演(ダンサー 役)

秒速に命をかけるプロレーサーと、芸能界に生きる女性歌手との悲恋、そこには運命のいたずらがあった……。脚本は古屋和彦、監督は脚本も執筆している「官能地帯 哀しみの女街」の村川透、撮影は「OL日記 牝猫の情事」の姫田真左久がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
峰岸徹 木山佳 日高悟郎 粟津號
1969年

昇り竜鉄火肌

  • 1969年3月29日(土)
  • 出演(女囚お銀 役)

「異常性愛記録 ハレンチ」の石井輝男が、脚本・監督を担当した女仁侠もの。撮影は「ザ・スパイダースの大進撃」の北泉成。

監督
石井輝男
出演キャスト
扇ひろ子 藤竜也 桂小かん 小池朝雄
1968年

無頼 人斬り五郎

  • 1968年11月2日(土)
  • 出演(美津子 役)

「昭和のいのち」の池上金男と小沢啓一が共同でシナリオを執筆し、「大幹部 無頼」の小沢啓一が監督した無頼シリーズ第四作。撮影は「ザ・スパイダースのバリ島珍道中」の高村倉太郎。

監督
小沢啓一
出演キャスト
渡哲也 松原智恵子 佐藤慶 小林千登勢

かぶりつき人生

  • 1968年4月13日(土)
  • 出演(洋子 役)

田中小実昌の同名小説(三一書房刊)を新人神代辰巳が脚色・監督を担当した第一作。撮影は「青春の海(1967)」の姫田真佐久。

監督
神代辰巳
出演キャスト
殿岡ハツエ 丹羽志津 玉村駿太郎 中台祥浩
1967年

君は恋人

  • 1967年11月3日(金)
  • 出演(ダンサー 役)

「喜劇 東京の田舎っぺ」の若井基成がシナリオを執筆し、「君が青春のとき」の斎藤武市が監督した青春もので、主演浜田光夫の再起第一作。撮影は「爆弾男といわれるあいつ」の山崎善弘。

監督
斎藤武市
出演キャスト
浜田光夫 蕃ユミ 和泉雅子 林家こん平

波止場の鷹

  • 1967年8月12日(土)
  • 出演(ショーダンサー 役)

直木賞作家の生島治郎の原作「傷跡の街」を、「燃える雲」の小川英と、「恋人をさがそう」の中西隆三が共同で脚本し、「花を喰う蟲」の酉村昭五郎が監督したアクションもの。撮影は「終りなき生命を」の姫田真佐久。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
石原裕次郎 丹波哲郎 久万里由香 浅丘ルリ子
1966年

嵐を呼ぶ男(1966)

  • 1966年12月10日(土)
  • 出演(メリー・丘 役)

井上梅次の原作を、「栄光への挑戦」の池上金男がシナリオ化し、舛田利雄が監督したもので、石原裕次郎主演の同名映画の再映画化作品。撮影は「けんかえれじい」の萩原憲治。

監督
舛田利雄
出演キャスト
渡哲也 藤竜也 山岡久乃 宇野重吉
1965年

100発100中(1965)

  • 1965年12月5日(日)
  • 出演(ストリッパー 役)

都筑道夫と「血と砂」の岡本喜八が共同でシナリオを執筆、「香港の白い薔薇」の福田純が監督したアクションもの。撮影もコンビの宇野晋作。

監督
福田純
出演キャスト
宝田明 浜美枝 有島一郎 マイク・ダニーン

殿岡ハツエの関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 殿岡ハツエ