助演女優賞
 Supporting Actress

              
  • キャシー・ベイツ

    『リチャード・ジュエル』 >

    米国テネシー州出身。本作では爆破容疑をかけられた息子を献身的に支える母親役を演じている。舞台でキャリアをスタートし、『パパ、ずれてるゥ!』(71)で映画初出演。『ミザリー』(90)で第63回アカデミー賞主演女優賞、第48回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演女優賞を受賞。そのほかの出演作に『タイタニック』(97)『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』(08)『ミッドナイト・イン・パリ』(11)などがある。

  • WINNER

    ローラ・ダーン

    『マリッジ・ストーリー』 >

    米国カリフォルニア州出身。本作で演じた敏腕離婚弁護士役で、第77回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を受賞している。俳優の両親のもとに生まれ、母親の出演作『白熱』(73)で映画デビュー。『ランブリング・ローズ』(91)で第64回アカデミー賞主演女優賞、『わたしに会うまでの1600キロ』(14)で第87回 アカデミー賞助演女優賞にノミネート。テレビシリーズ「ビッグ・リトル・ライズ」で第69回エミー賞助演女優賞、第75回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞受賞。

  • スカーレット・ヨハンソン

    『ジョジョ・ラビット』 >

    米国ニューヨーク州出身。本作での勇敢な母親役と『マリッジ・ストーリー』の離婚調停中の女優役で助演、主演のWノミネートを果たした。幼いころからオフ・ブロードウェイで活躍し、『ノース 小さな旅人』(94)で映画初出演。第61回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞でも『真珠の耳飾りの少女』(ドラマ部門)、『ロスト・イン・トランスレーション』(ミュージカル/コメディ部門)でWノミネートされた。

  • フローレンス・ピュー

    『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』 >

    英国オックスフォード出身。本作では「若草物語」の四女エイミー役を演じている。『The Falling』(14)で映画初出演。そのほかの出演作には2018年に『トレイン・ミッション』、『アウトロー・キング スコットランドの英雄』、2019年に『ファイティング・ファミリー』『ミッドサマー』がある。

  • マーゴット・ロビー

    『スキャンダル』 >

    オーストラリア出身。本作ではFOXニュースのセクハラ問題に直面する新人キャスター役を演じている。『ダークネス・ビギンズ』(08)で映画初出演し、『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』(13)で注目を集める。『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』(17)でアイススケート選手のトーニャ・ハーディングを演じ、第90回アカデミー賞主演女優賞、第75回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演女優賞にノミネート。

写真:SPLASH/アフロ