主演女優賞
 Leading Actress

              
  • シンシア・エリヴォ

    『ハリエット』 >

    英国ロンドン出身。2015年にブロードウェイ進出し活躍。本作ではアメリカ奴隷解放運動に尽力した女性運動家役を演じている。英国では「天使にラブソングを」「カラーパープル」といった舞台で活躍し、2016年にエミー賞最優秀主演女優賞を受賞。映画の出演作には『エル・ロワイヤル』(18)『ロスト・マネー 偽りの報酬』(18)などがある。

  • スカーレット・ヨハンソン

    『マリッジ・ストーリー』 >

    米国ニューヨーク州出身。本作では舞台演出家の夫と離婚調停を行う女優のニコール役を演じている。幼いころからオフ・ブロードウェイなどで活躍し、『ノース 小さな旅人』(94)で映画初出演。第61回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞に『真珠の耳飾りの少女』(ドラマ部門)、『ロスト・イン・トランスレーション』(ミュージカル/コメディ部門)でWノミネートを果たしている。

  • シアーシャ・ローナン

    『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』 >

    米国ニューヨーク州出身。本作ではオルコット原作の「若草物語」に登場する次女、ジョー役を演じている。子役としてキャリアをスタートし、アカデミー賞では第80回に『つぐない』(07)で助演女優賞、第88回に『ブルックリン』(15)、第90回に『レディ・バード』(17)で主演女優賞にノミネートされ、本作で4度目のノミネートを果たした。

  • シャーリーズ・セロン

    『スキャンダル』 >

    南アフリカ共和国出身。本作ではFOXのニュースキャスターで同局のセクハラを告発したメーガン・ケリーを演じている。10代のころにバレエダンサーを目指しアメリカに移住。14キロ増量して臨んだ『モンスター』(03)で第76回アカデミー賞主演女優賞および第61回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演女優賞を受賞。

  • WINNER

    レニー・ゼルウィガー

    『ジュディ 虹の彼方に』 >

    米国テキサス州出身。本作では『オズの魔法使』(39)のドロシー役で知られる女優ジュディ・ガーランドの晩年を演じている。トム・クルーズと共演した『ザ・エージント』(96)でブレイクし、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を第58回に『ベティ・サイズモア』(ミュージカル/コメディ部門)で、第60回に『シカゴ』(ミュージカル/コメディ部門)で受賞。『コールドマウンテン』(03)では第76回アカデミー賞および第61回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞を受賞。

写真:SPLASH/アフロ