主演男優賞
 Leading Actor

              
  • アントニオ・バンデラス

    『ペイン・アンド・グローリー』 >

    スペイン・マラガ出身。ペドロ・アルモドバル監督作品の常連として知られ、本作ではアルモドバルの分身のような映画監督役を演じ、第72回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。『マンボ・キングス 我が心のマリア』(92)でハリウッドに進出し、『デスペラード』(95)、『スパイキッズ』(01)、『私が、生きる肌』(11)などで注目を集めた。

  • レオナルド・ディカプリオ

    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 >

    米国カリフォルニア州出身。本作では旬の過ぎたテレビ俳優役を演じている。アカデミー賞には第66回アカデミー賞に『ギルバート・グレイプ』(93)、第77回に『アビエイター』(04)、第79回に『ブラッド・ダイヤモンド』(06)、第86回に『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)でノミネートされ、第88回に『レヴェナント 蘇りし者』(15)で主演男優賞を受賞。

  • アダム・ドライバー

    『マリッジ・ストーリー』 >

    米国カリフォルニア州出身。本作ではNYで劇団を主宰する男、チャーリーを演じている。アメリカ海兵隊を経て、NYのジュリアード音楽院で演技を学ぶ。「スター・ウォーズ」新三部作でカイロ・レン役を演じている。『ハングリー・ハーツ』(14)で第71回ヴェネチア映画祭最優秀男優賞受賞、『ブラック・クランズマン』(18)で第91回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。

  • WINNER

    ホアキン・フェニックス

    『ジョーカー』 >

    米国人の両親のもと、プエルトリコで生まれる。本作では「バットマン」シリーズのヴィラン、ジョーカーへと変貌していくアーサー・フレック役を演じている。『ザ・マスター』(12)で第69回ヴェネチア映画祭最優秀男優賞、『ビューティフル・デイ』(17)で第70回カンヌ国際映画祭男優賞、ゴールデン・グローブ賞の最優秀男優賞を、第63回に『ウォーク・ザ・ライン 君に続く道』(ミュージカル/コメディ部門)で、第77回に『ジョーカー』(ドラマ部門)で受賞。

  •  
  • ジョナサン・プライス

    『2人のローマ教皇』 >

    英国ウェールズ出身。本作では後のローマ教皇となるホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿役を演じている。舞台俳優として活躍し、77年にブロードウェイへ進出。「ミス・サイゴン」などでトニー賞最優秀主演男優賞を受賞している。『キャリントン』(90)で第48回カンヌ国際映画祭男優賞を受賞。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズやドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」『天才作家の妻 -40年目の真実-』(17)などで知られている。

写真:SPLASH/アフロ