ブルックリン&クロエ、破局原因は浮気だった? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2016/9/5 12:11

ブルックリン&クロエ、破局原因は浮気だった?

先週、破局が報道されたブルックリン・ベッカムとクロエ・グレース・モレッツだが、破局原因はブルックリンの浮気だったと伝えているメディアがある。

ブルックリンは英国、クロエは米国。遠距離恋愛をしていた2人
ブルックリンは英国、クロエは米国。遠距離恋愛をしていた2人写真:SPLASH/アフロ

OK!誌によれば、破局の原因はブルックリンの浮気だったそうで、クロエが米国に住み、ブルックリンは家族と共に英国に住んでいるという遠距離恋愛で、クロエが嫉妬深くなりすぎたため、そこまで真剣な交際を望んでいなかった年下のブルックリンには耐えられなかったという。

【写真を見る】本気の恋愛はまだ早い?現在17歳のブルックリン
【写真を見る】本気の恋愛はまだ早い?現在17歳のブルックリン写真:SPLASH/アフロ

「ブルックリンは、まだ人生が始まったばかりの若者です。基本的に、彼は面倒なことは避けたいのです。彼は最初、クロエに夢中になりました。しかしクロエがだんだん真剣になっていくにつれ、自分は地球の反対側に住んでいることを考えると、彼女が望んでいるような交際はできないと決めたようです」と関係者が英紙ミラーに証言している。

クロエが真剣になるにつれ、ブルックリンの気持ちは離れていったという
クロエが真剣になるにつれ、ブルックリンの気持ちは離れていったという写真:SPLASH/アフロ

ベッカム一家は2014年まで米国に居住していたが、この夏休み中は米国で過ごしているものの普段はロンドンで生活しており、17歳のブルックリンはまだ毎日学校に通っている身だ。

「しかし彼らはまだ若いので、他の子たちと同じように、復縁する可能性もあると思います。特に、彼らは共通の友人がたくさんいるので、これからも会う機会があるでしょうし」と関係者は同紙に話している。【UK在住/MIKAKO】