• NEWS

本田望結、意外な姉妹関係を告白「家では妹の方がお姉ちゃん」

2016年5月24日 12:08

本田望結・紗来姉妹が意外な姉妹関係を告白

グリム童話「白雪姫」に大胆なアレンジを加えた映画の続編『スノーホワイト/氷の王国』(5月27日公開)の公開直前イベントが、5月24日に六本木ヒルズ大屋根プラザで開催。氷の王国の美人姉妹の物語ということで、“女王様”に就任した本田望結と紗来姉妹が、ゴージャスなドレスで登壇した。2人は、お笑い芸人・トレンディエンジェルのたかしと斎藤司と共に、本物の氷のみで作られた製作費総額約1000万円の“氷の玉座”の除幕式を行った。

鏡の中から斎藤が登場すると、本田望結は「まぶしい。頭も光ってます」と大はしゃぎし、妹の紗来も「びっくりした」と大興奮。斎藤が「ありが頭皮」と言うと、大爆笑となった。続いて氷の妖精としてノリノリに登場すると、本田姉妹は「面白い」と大ウケだった。

仲の良い本田姉妹だが、本田望結が「家では妹の方がお姉さんです」と意外な告白をすると、妹の紗来が「お姉ちゃんは1人でお風呂とかに入れないから」とうなずく。本田望結は「なんか入れないんです。いつも一緒に入ってます。だから、紗来の方がお姉ちゃんです」と笑顔を見せた。

斎藤は、たかしについて「僕たちもいっしょにお風呂に入ったりはします。たかしのほうが若いので、めしを食べるのが早いですが、飲んでる薬の数は僕の方が勝ってます」と言って笑いを取った。

最後に4人で『スノーホワイト/氷の王国』を観てくださいとアピールすると、本田望結が斎藤に「彼女さんと一緒に行く?」と突っ込む。斎藤はタジタジで「行くよ行くよ。ああ、追い込まれてる」と苦笑いし、会場は大爆笑となった。

『スノーホワイト/氷の王国』では、オスカー女優シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワースといったオリジナルのキャストに加え、新たにエミリー・ブラントやジェシカ・チャステインが参戦。圧倒的な映像美と壮大なスケールで、「白雪姫」の背後に隠されていた壮大な物語が展開される。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース