• NEWS

東出昌大と窪田正孝、色気をほめられてハニカミ笑顔

2016年5月7日 11:33

東出昌大と窪田正孝が大爆笑!

福満しげゆきの人気コミックを映画化した『ヒーローマニア-生活-』の初日舞台挨拶が、5月7日に丸の内TOEIで開催。東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、船越英一郎、片岡鶴太郎、豊島圭介監督がバズーカ砲を引っさげて登場し、客席に笑顔で発射した。舞台挨拶では、久しぶりの女優復帰となった山崎静代(南海キャンディーズ)がMCに初挑戦し、爆笑の渦に包まれた。

山崎はたどたどしくカンペを見ながらも「持ち前の明るさとパワーで頑張っていきたいと思います」とやる気満々。東出たちに自分のアクションに対する感想を訊ねると、東出は「やべえヤツが来たなと思いました。いかがでした?」と苦笑いしながら窪田にふる。

窪田は「アクションがすごく怖かった。ずっと寡黙にやられてて。包丁を持ったらヤバイかなと。でも(小松)菜奈ちゃんと3人でごはん行ったんですよね。(その時)ちょっといいなと」と笑顔でコメント。山崎は「いつでも行くで。行ったってもええで」と猛アピールした。

片岡は、東出たち共演者たちの色気をべたぼめした。「小松菜奈ちゃんは、少女と女の間にあるエロス、色気がぞくっとしました。東出くんは母性をくすぐる色っぽさが、窪田くんは全身から色気がある」と言うと、東出や窪田たちは「ないない」と照れる。

片岡は「首筋とか。男から見ても色気が。英ちゃん(船越英一郎)もやさしさの色気があるし、監督も愛情の色っぽさがありました。でも、いちばん色気があるのがしずちゃんでした」と言うと、山崎は「鶴ちゃん、いいこと言うじゃない」とニタニタ笑い、会場は爆笑。

『ヒーローマニア-生活-』は、ヘタレたちが本気でヒーローになろうと立ち上がるアクション・コメディ。ダメダメなフリーター、身体能力抜群な下着泥棒のニート、定年間近のサラリーマン、情報収集能力に長けた女子高生という個性的な4人の奮闘を描く。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会| [c]福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会