• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 友近、椿鬼奴ら『ゴーストバスターズ』テーマ曲の日本語吹替版をノリノリで披露!
  • NEWS

友近、椿鬼奴ら『ゴーストバスターズ』テーマ曲の日本語吹替版をノリノリで披露!

2016年4月26日 14:50

『ゴーストバスターズ』テーマ曲日本語吹替版を披露

人気SFシリーズをオール女性キャストでリブートする映画『ゴーストバスターズ』(8月19日公開)の日本語吹替版主題歌発表会が4月26日にnicofarreで開催され、友近、渡辺直美、椿鬼奴、山崎静代が出席。『ゴーストバスターズ』テーマ曲の日本語吹替版を披露した4人が、「グラミーを狙う」と世界進出への野望を語った。

本作を応援すべく、先日、幽霊会社「ゴーストバスターズ・ジャパン」の設立を発表した4人。この日は、おなじみの『ゴーストバスターズ』のテーマ曲を日本語吹替版として初披露。レイ・パーカー・ジュニアによる本家テーマ曲が大好きだという友近をはじめ、それぞれがセクシーポーズを交えながらノリノリでダンス。「Who you gonna call?」という歌詞を「ふー!優雅な娘!」に変えるなど、“空耳力”ある日本語歌詞に乗せて歌唱を繰り広げた。

歌い終わるや、息も切れ切れのメンバー。鬼奴は「会社を立ち上げて、歌手を雇うお金も、ダンサーを雇うお金もない。私たちでやっていきたい」と裏事情を明かしつつ、熱い意気込み。山崎は「おニャン子クラブに憧れて芸能界を目指した。やっとこういうユニットでやれてよかった。こんなステージでやれて幸せ」と念願が叶った喜びを語っていた。

レコーディングも既に済ませたというが、「歌の活動もやっていきたい」と意欲を見せた4人。渡辺は「ここから世界に広げていきましょう!これ、グラミーいけますかね?」とコメント。司会から「このメンバーでグラミーを狙いましょう」と促されると、それぞれが「そうね!」とニッコリ。友近は「水谷千重子さんにもカバーしてもらいたい。優雅な娘ぉぉぉ」とこぶしをまわして、会場の笑いを誘っていた。

ダンスの振り付けを担当するのは、“踊る授業シリーズ”の「本能寺の変」で知られる「エグスプロージョン」。山崎は「エグスプロージョンのまちゃあきさんがいい男だったので、それを糧に頑張りました」と、厳しいダンスレッスンもウキウキとした気持ちで乗り切れたことを明かしていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース