• NEWS

綾野剛、中村獅童に感謝!ワルたちの男気に観客も歓喜

2016年4月25日 21:05

綾野剛からのサプライズプレゼントも!

綾野剛主演最新作『日本で一番悪い奴ら』(6月25日公開)の完成披露舞台挨拶が4月25日に丸の内TOEIで開催され、綾野をはじめ、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、ピエール瀧、白石和彌監督が“ワル”をイメージした衣装で登場。「綾野くんが主役なら出る」と言ってくれたという獅童に、綾野が感激の気持ちを語った。

“日本警察史上最大の不祥事”と呼ばれる実際の事件をモチーフに、北海道警察・刑事の壮絶な26年を描く本作。綾野が、“S”と呼ぶ裏社会のスパイを率い、あらゆる悪事に手を染めた警察官を演じる。綾野は「獅童さんとは以前、大河でご一緒して。『剛ちゃん最高だったわ。今後、綾野くんがいってくれたら、俺は一言返事で出るよ』とおっしゃってくださった」と大河ドラマで育んだ絆を述懐。「今回、本当に一言返事で受けてくださった」と獅童の男気に感激の面持ちを見せた。

メガホンをとるのは、『凶悪』の白石監督。綾野は、「白石監督だったということ」とオファーを受けた最大の決め手は、監督の存在だったそう。悪事に手を染めた男の26年を体現したが、「一人の男のこれだけ長い年数を生きることは、まずないこと。自分にとって新しい表現の課題だと思った」とコメント。「全キャスト、関係者の方々に共犯者になっていただいて、この役を生きることができた」と新たなチャレンジに充実の表情を見せていた。

白石監督は「綾野くんはずっと見ていられるぐらい、飽きない」と綾野の存在感を絶賛。「この映画では99パーセント綾野くんが出ずっぱりだけれど、まだやった感じがしない。底が見えない役者さん。またやりたいと思わせてくれる」とラブコールを送ると、綾野も「来年やりましょう!」と力強く答えていた。

また最後には、綾野が熊本地震について触れ、「今僕たちにできることは何かと考えた」と挨拶。通常、観客による写真撮影は禁止されているが、綾野が「我々がここに立っている姿を届けてほしい」と呼びかけて、急遽撮影が可能となった。綾野からのサプライズプレゼントに観客は大喜び。“ワル”たちの男気にあふれた舞台挨拶となった。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会| [c] 2019「ひとよ」製作委員会| (C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会| [c]大場つぐみ・小畑健/集英社 [c]2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS