• NEWS

死神・リューク役で中村獅童の続投が決定!

2016年4月15日 8:00

06年に公開された実写映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』の正統な続編として注目を集める映画『デスノート 2016』(10月29日公開)。本作の追加キャストとして、前作で死神・リューク役を務めた歌舞伎役者・中村獅童の続投が明らかになり、リュークの場面写真もあわせて解禁された。

リアルさが増した死神・リューク | [c]大場つぐみ・小畑健/集英社 [c]2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

死神・リュークは、前作で夜神月(藤原竜也)が拾ったデスノートの持ち主。死神界の退屈な日々に嫌気がさし、自分のデスノートを人間界に落としたことで物語の発端を作ったキャラクターだ。中村は2006年~2007年に放送された連続アニメ「DEATH NOTE」でもリュークの声を担当しており、正統続編となる本作への参加決定に「出来上がりがどんな風になるのかなっていうのが私自身もすごく楽しみです。今までのデスノートファンの方、映画を観て好きになった方など、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この作品でまた新しいデスノートが誕生したのではないのかなという風に思います。私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです」と喜びのコメントを寄せている。

また、今回もフルCGで描かれる死神たちは、10年間のVFXの進化だけでなく佐藤信介監督による新解釈によってよりスタイリッシュな姿となっているが、リュークの肌や髪・羽・皮の表現も驚くほどリアルな仕上がりに。「デスノート」自体の質感もアップしている。リューク以外にも新たなデザインの6冊のノートとともに、新たな死神も登場するとのことなので、どのようなキャラクターが現れるのか、続報が楽しみだ。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]大場つぐみ・小畑健/集英社 [c]2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS| [c]2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS| [c]福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会