• NEWS

岡田准一、「イエティ探してました」と過酷な撮影の裏側暴露

2016年3月24日 15:16

日本映画史上初となるエベレスト標高5200m級での撮影を敢行し、大きな話題を集めている『エヴェレスト 神々の山嶺』(公開中)。3月24日(木)、TOHOシネマズ スカラ座でトークショーが開催され、主人公の山岳カメラマン・深町を演じた岡田准一、本作の山岳監修を務めた八木原圀明(日本山岳会会長)のほか、登山家の三浦雄一郎、今井通子がスペシャルゲストとして登場した。

ギネス記録を持つ三浦雄一郎。岡田の演技を大絶賛
ギネス記録を持つ三浦雄一郎。岡田の演技を大絶賛

作品の感想を聞かれると、80歳でのエヴェレスト登頂というギネス記録を持つ“レジェンド”である三浦は「一流の登山家の雰囲気、足どりがしっかり出ていた」と、岡田の演技を大絶賛。当の岡田本人もこれには感無量といった様子だった。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は現在大ヒット公開中
『エヴェレスト 神々の山嶺』は現在大ヒット公開中[c]2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

また本作の撮影にも帯同した八木原に対し、「一緒にイエティを探しましたよね。イエティがいたって思ったら八木原さんだったってことが多々あって…」と撮影の裏話を明かした岡田。すると、女性初のアルプス三大北壁登攀に成功した今井も「前にイエティの足跡を発見して、写真に取ったんだけど、八木原さんがその写真なくしたの」と驚愕の秘話を語り、会場を沸かせた。

今後の目標を聞かれると、「85歳で、チョ・オユーという8000M級の山に登り、山頂からスキーで下ろうと思っています」と、1.5キロの靴を履き、15キロのリュックを背負い、日々トレーニングしていることを明かした現在83歳の三浦。これには驚きを隠せないという表情を見せた岡田だったが、「僕も阿部さんとエヴェレストに登る約束してるんで。いつかねって濁されてますけど…」と自身の目標を明らかにした。

【写真を見る】V6岡田、レジェンドからのプレゼントに感激!
【写真を見る】V6岡田、レジェンドからのプレゼントに感激!

イベントの最後には、三浦が80歳でエヴェレストに登頂した時に使っていたというカラビナを岡田にプレゼントするというサプライズが。これに対し「年齢を重ねてもチャレンジできるような人生の心構えとして、鞄につけさせて貰います。色んな人に自慢したいです」と岡田がコメントし、イベントを締めくくった。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース