• NEWS

オスカー俳優のディカプリオが来日「サバイバルの大変さが身に染みた」

2016年3月23日 15:51

オスカー俳優となったレオナルド・ディカプリオが来日!

『レヴェナント:蘇えりし者』(4月22日公開)で、俳優として5度目のノミネートで悲願のアカデミー賞主演男優賞を獲得したレオナルド・ディカプリオが来日し、3月23日にザ・リッツ・カールトン東京で開催された来日記者会見に出席した。レオは「アリガトウ」と日本語で挨拶。「桜の開花時期に来たことがないので、今回とっても楽しみにしていたよ」とうれしそうに語った。

「この映画は僕にとって特別なものだ。たぶん参加したキャスト、スタッフみんなもそう思っていると思う。1年近く、どっぷりと世界観につかったよ。映画は永遠に残る芸術作品になったと思うし、主演男優賞をもらったことは名誉あること。このような作品には2度と関われないかもしれない」。

オスカー像については「家のリビングルームに置いてあるよ。友達が見せてほしいと好奇心をもってやってくるよ」とおちゃめな表情を浮かべたレオ。また「賞を受賞しても、僕自身は変わらないでいたい。賞をいただいたことは素晴らしいことだけど、受賞するために仕事をしているのではないし。元々もっていた夢や理想をどんどん追求し、最高の映画を作り上げていくことをいまでも願っている」と高い志を口にした。

また、演じた役柄のようにサバイバルをするなら、持って行きたいものを3つ挙げてほしいという質問が。レオは「電話と、充電ができそうなソーラーなどの装置。火を起こすための防水機能のあるライターかな。サバイバルの映画に出て、本当に大変なことが身に染みてわかったよ。人類は環境に順応すると言われているけど、僕はたぶん耐えられないんじゃないかな」と苦笑いした。

『レヴェナント:蘇えりし者』は、熊に襲撃され、過酷な自然にさらされながらも生き延びたハンター、ヒュー・グラスの実話を、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化したサバイバル劇。監督は、65年ぶり史上3人目の快挙となる2年連続のアカデミー賞監督賞を受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥで、坂本龍一が音楽で参加している。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[C] 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.| (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.| [c] 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.| [c]2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.| 写真:SPLASH/アフロ