• NEWS

山田涼介、設定を菅田将暉につっこまれ、しどろもどろに!?

2016年3月22日 21:47

山田涼介に鋭いツッコミを入れる菅田将暉
山田涼介に鋭いツッコミを入れる菅田将暉

松井優征による人気コミックの実写映画版の続編『暗殺教室~卒業編~』(3月25日公開)。公開が直前に迫る3月22日、学生限定の“卒業”イベントが六本木ヒルズアリーナにて開催された。

倍率200倍という抽選によって選ばれた学生600名が会場を埋め尽くす中、主演の山田涼介をはじめ、菅田将暉、山本舞香、優希美青、上原実矩、加藤清史郎ら3年E組の生徒を演じた出演者たちと、羽住英一郎監督が登壇。劇中衣装でもある制服姿をナマ披露した出演者たちに、会場内は大興奮!

さらに、今回は前作に引き続き主題歌を担当した9人組のボーカル&ダンスグループの“せんせーションズ”が登場!本作の主題歌である「さよならセンセーション」をスペシャルライブで生披露し、会場は歓声と熱狂の渦に巻き込まれた。

ちなみに、せんせーションズは、殺せんせーにお手入れされ、“暗殺集団”からボーカル&ダンスグループとして生まれ変わったという設定。3年E組の生徒達とせんせーションズのクロストークでは、菅田から「コマンダーさんの武器の“サイキックツインセイバー”って何ですか?」と設定にツッコミが。

それに対し、コマンダーこと山田は「あのー、俺は今どういうスタンスでやればいいのかすごく困ってます!あまり設定と武器に関しては深く突っ込まないでください(笑)」としどろもどろに答え、会場の笑いを誘っていた。

「映画は卒業編なのですが、せんせーションズもこれで卒業ですか?」と司会者に聞かれたファルコンJr.こと有岡大貴。「本来ならば卒業なんですけど、僕たちはまだ続けたいなと思っていて。でも、まだ何にも予定は決まってないんですけど(笑)。ぜひ羽住監督に、僕たちが殺せんせーにお手入れされる前のバックボーンを撮っていただけらいいなと思ってます」とコメント。

さらに「うちのコマンダーはHey!Say!JUMPの山田と違って高いところが平気ですので(笑)」と高所恐怖症の山田をイジり、メンバー同士の仲の良さを見せていた。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース