【日本アカデミー賞】安藤サクラ、『百円の恋』の驚異の肉体改造で最優秀主演女優賞! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2016/3/4 22:05

【日本アカデミー賞】安藤サクラ、『百円の恋』の驚異の肉体改造で最優秀主演女優賞!

第39回日本アカデミー賞授賞式が、3月4日にグランドプリンスホテル新高輪で開催。見事、最優秀主演女優賞に輝いたのは、過酷な役作りや肉体改造に挑んだ『百円の恋』の安藤サクラだった。また、2月20日に地方で転び、左手首橈骨骨折をしたという吉永小百合は、左手にギブスをして登場した。

名前を呼ばれた安藤は「びっくりして、何かじわじわと心臓が出てきそうな感じです」と、心から驚いていて、戸惑いを隠せない。「さっき冗談で、新井(浩文)くんが『ないと思うけど、獲ったら、うち泣いちゃうからね』と言っていたけど、全然泣いてない」と、共演の新井浩文に突っ込み、笑いを取った。

『百円の恋』は、不器用でどん底の生活を送っていた32歳の女(安藤サクラ)が、中年ボクサー(新井浩文)と出会い、ボクシングを通して変化していく姿を描く人間ドラマ。安藤は3ヶ月間ボクシングのトレーニングを積んだが、撮影期間はたった2週間というタイトなスケジュールだったと言う。安藤は「全部排泄してでもやってやるぞ!くそうと思いながら撮影しました」と、ド根性で臨んだらしい。

同作で優秀助演男優賞を受賞した新井は「登壇した助演陣のなかで、間違いなくいちばんギャラが安いと思う」と宣言したほど、低予算で撮った映画らしい。

安藤は、本作へのあふれる思いをこう語った。「思い出されるのは、クチコミでたくさん上映していただける映画館が増えていって、国内海外含めて、いろんなところへ舞台挨拶へ行ったこと。まさか!こんなことになってるよ!と、早く伝えたいです。観てくださったみなさんのおかげ。じわじわとエネルギーが伝わってきて、こんなところに来れるんだと。やったあ!」と大喜びだった。

ほかに、優秀主演女優賞を受賞したのは、『海街diary』の綾瀬はるか、 『映画 ビリギャル』の有村架純、『あん』の樹木希林、『母と暮せば』の吉永小百合の4名で、それぞれに喜びを語った。

また、囲みの会見で、安藤は「なぜ、私が、今ここに二宮くんと立っているのかなと」と、まだ実感がない様子。また「トロフィーを、実家に置くか、自宅に置くかで悩んでいる」とも語った。【取材・文/山崎伸子】

関連作品

  • 母と暮せば

    3.8
    4
    山田洋次監督、吉永小百合と二宮和也が親子役で共演する人間ドラマ
  • 海街diary

    3.9
    66
    吉田秋生による同名コミックを映画化、4人の女性たちの家族の絆を描いた人間ドラマ
  • あん

    4.3
    31
    小さなどら焼き店を舞台に老女と周囲の人々の姿を描く樹木希林主演の人間ドラマ
  • 映画 ビリギャル

    4.2
    17
    学年ビリのギャルが偏差値を40上げ慶応大学に現役合格した実話を有村架純主演で映画化
  • 百円の恋

    4.2
    2
    安藤サクラ主演、100円ショップ店員からボクサーへ転身した女性の運命を描くドラマ