• TOP
  • ニュース
  • 岡田准一も絶賛!尾野真千子のタフすぎる写真を先行解禁
  • NEWS

岡田准一も絶賛!尾野真千子のタフすぎる写真を先行解禁

2016年3月3日 16:00

夢枕獏のベストセラー小説を実写映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』(3月12日公開)。世界最高峰の山に挑む男たちを描いた本作は、実際に現地ネパールまで飛び、標高8848m、氷点下50℃という極限の世界で撮影が行われた。先日開催された完成披露試写会では、主演の岡田准一らと共に命懸けの撮影に挑んだヒロイン役の尾野真千子のタフすぎるエピソードが話題になったが、今回そんな彼女のたくましさを感じさせる劇中&メイキング写真を公開!

天才クライマー・羽生を慕う涼子を演じた尾野
天才クライマー・羽生を慕う涼子を演じた尾野[c]2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

尾野が演じたのは、天才クライマー・羽生(阿部寛)のことを慕う涼子。山に命を懸けた羽生と山岳カメラマン・深町(岡田)、2人の帰りを待ち続ける女性だ。そんな愛する人を“待つ女”について尾野は「待つことで生まれる美しさと悲しさを、涼子を通じて感じ取ってほしい」とコメントしている。

2人の男性の帰りを待つ女性を演じる涼子
2人の男性の帰りを待つ女性を演じる涼子[c]2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

劇中では繊細に演技している尾野だが、共演者の岡田いわく「日本で一番タフな女優さん」とのこと。尾野について岡田は「(エヴェレスト5200m付近では)酸素が半分になるので、登れば登るほど普通は痩せていく。みんな3~4キロ痩せて帰ってくるんですけど、尾野さんは変わらなかったみたいです」と彼女の驚異的なタフっぷりを証言している。

さらに岡田は「ムードーメイカーでもあって、いつも天真爛漫で楽しそうに現場にいてくださる。酸素が薄いのをものともしないタフさ、いい雰囲気を作ってくださいました。女優さんとしても力強いお芝居をされる方ですし、でも冗談も言う。どんなことがあっても動じない本当に清々しい方です」と尾野を絶賛している。

【写真を見る】過酷なロケでも、満面の笑みを見せる尾野真千子のオフショット
【写真を見る】過酷なロケでも、満面の笑みを見せる尾野真千子のオフショット[c]2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

いつも元気いっぱいの尾野だが「過酷な場所でのお芝居は呼吸することもつらくて、ほんの一歩前に進むだけでぜぇぜぇはぁはぁして大変。でも、その苦しさによってアドレナリンが出て、もっともっと苦しくしてほしい、という感覚もありました。精神的にも強くなった気がします(笑)」と相当過酷なロケだったと振り返る。

一方で、「エヴェレストでの撮影は本当に楽しかった!ごはんも満腹に食べて、水分補給のためのミルクティーもたらふく飲みました。気圧の変化で、3kgほど痩せると聞いていたが、実際には3kg太ってしまった」と彼女らしいコメントも。満面の笑顔を浮かべながら、ご飯を食べているメイキング写真からも、撮影を楽しんでいた様子が伝わってくる。

尾野の真剣な表情からは本作への熱意が伺える
尾野の真剣な表情からは本作への熱意が伺える[c]2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

世界最高峰の地で命懸けの撮影に挑んだ本作。極限に挑んだ尾野真千子の“タフさ”が生んだ数々の名シーンを、ぜひともスクリーンで堪能してほしい!【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース