• NEWS

まるで別人!?岡田准一、ガングロ&ヒゲもじゃの“山男”に

2016年3月1日 12:00

夢枕獏のベストセラー小説を実写映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』(3月12日公開)。本作で“山男”になりきった岡田准一と阿部寛のビジュアルが凄まじいと話題を集めている。そこで気になる彼らの変貌ぶりを紹介したい。

【写真を見る】山男になりきった岡田准一と阿部寛の役作りがスゴい!
【写真を見る】山男になりきった岡田准一と阿部寛の役作りがスゴい![c]2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

まず岡田が演じた深町は、エヴェレストの謎を追う山岳カメラマンという役どころ。そんな彼と阿部扮する天才クライマーの羽生が、ともに世界最高峰のエヴェレスト山頂を目指していく姿を描く。

実際に、ヒマラヤ山脈に位置する世界最高峰エベレストで撮影を敢行。標高8848m、氷点下50℃という極限の世界を映した圧巻の風景は、思わずド肝を抜かれるほど圧倒的。が、これに劣らず衝撃的なのが、ガングロ&ヒゲもじゃ姿で登場する岡田と阿部の“山男”のようなビジュアルだ。

エヴェレストでの撮影で、真っ黒に日焼けした阿部(左)
エヴェレストでの撮影で、真っ黒に日焼けした阿部(左)[c]2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

この衝撃的なビジュアルは、実際にエヴェレストの標高5200m級で敢行した、まさに命懸けの撮影の賜物。約10日間かけて高度順応しながら登り、約1ヶ月以上にわたるネパールでのロケで真っ黒に日焼けした岡田と阿部。さらに山にこもっての生活が何日も続き、無精髭がもじゃもじゃと生えた状態に。もともと“ソース顔”の2人の顔がさらに濃くなり、一瞬誰だか分からないほど。

見た目の役作りもスゴいが、主演を務めた岡田の鬼気迫る演技も素晴らしい。常に気温は氷点下、呼吸をするだけでも一苦労という状況のなか、あるシーンの撮影で岡田は片道2時間かけて同じ道を何度も往復したとか。そんな役者魂全開で挑んだ登山のシーンは、誰もが胸を揺さぶられるはず。

山岳カメラマンと天才クライマーの2人に待ち受けるものとは…!?
山岳カメラマンと天才クライマーの2人に待ち受けるものとは…!?[c]2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

世界最高峰に命を懸ける男たちを描いた本作。壮大なスケールで織りなす感動のドラマはもちろん、身も心も“山男”になりきった岡田准一の渾身の役作りと演技を、ぜひスクリーンで堪能してほしい。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース