• GOSSIP

アデル、グラミー賞の翌日は一日中泣いたと告白!

2016年2月20日 15:52

第58回グラミー賞授賞式で久々のパフォーマンスを披露したアデルは、サウンドの問題でせっかくのステージが台無しになってしまったことがショックで、翌日は涙に暮れていたらしい。

グラミー賞に登場したアデル | 写真:SPLASH/アフロ

米国でエレン・デジェネレスのトーク番組に出演したアデルは「昨日はほぼ一日中泣いていた」と告白したと英紙デイリー・メールが伝えている。

【写真を見る】授賞式のパフォーマンスで機材トラブルが発生 | 写真:SPLASH/アフロ

アデルがアルバム「25」から「All I Ask」を披露していた時、機材トラブルに見舞われ、曲の前半で音が数秒途絶えてしまった。成功するにつれ大きな期待を抱かれるようになり、以前よりライブで歌うことにプレッシャーを感じるようになっていたというアデルは、「でも今は、グラミー賞よりひどくなることはないと思える。だからもう大丈夫だと思う」「次にサウンドのトラブルに見舞われた時には、私はストップするつもり。『ごめんなさい、私はこれじゃ嫌なの』と言うでしょう。『もう一度やり直す時間があればそうしましょう。なければ、さようなら』と言うわ」とアデルは話している。

「彼女は怒りを感じて混乱して当然だと思う。グラミー賞はビッグなショーだから」「私にとって、彼女は何をしても素晴らしい。どんな時でも与えられた状況で最高のパフォーマンスを見せる」「グラミー賞は技術的に完璧であるべきなのに、今年のショーはひどかった」などのコメントが同紙サイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ