• NEWS

阿部寛が吠える!『エヴェレスト 神々の山嶺』本編映像解禁

2016年2月18日 10:00

夢枕獏のベストセラー「神々の山嶺(いただき)」を岡田准一主演、阿部寛、尾野真千子出演で映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』(3月12日公開)。本作で阿部寛が演じた伝説のクライマー・羽生丈二の生き様が詰まった特別映像が解禁された。

【写真を見る】山のためには仲間の犠牲もいとわず、「人間としては最低だった」とまで言われる羽生
【写真を見る】山のためには仲間の犠牲もいとわず、「人間としては最低だった」とまで言われる羽生[c]2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

キャスト・クルーが実際にエヴェレスト現地5200m付近で撮影を敢行し、10日間かけて高度順応しながら登るなど文字通り命懸けの撮影に挑んだ本作。阿部扮する羽生丈二は、標高8848m、氷点下50度、呼吸すら困難な極限の世界で、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀(とうはん)に独り挑む、伝説化した孤高のクライマーという人物だ。

映像は、鬼気迫る表情で人生すべてをエヴェレストに賭ける男を演じた阿部の姿と、「山やらなきゃ死んだも同じだろ」「俺がここにいるからだ。俺がいるから、山に登る」など、エヴェレストに憑りつかれた羽生の生き様がセリフとなって映しだされる。

孤高のクライマー・羽生丈二を演じた阿部寛
孤高のクライマー・羽生丈二を演じた阿部寛[c]2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

「生きて帰らなかったやつが頂上を踏んだかどうかはどうだっていい。死ねばゴミだ」とまで言い放ち、エヴェレストに異常なまでの執念を見せる羽生。映画は彼の壮絶な生き様と、そんな羽生と出会い、“史上初の挑戦”を見届けるため彼の後を追う野心家の山岳カメラマン・深町(岡田准一)の姿を描いている。

エヴェレスト現地での撮影について「体験したとしないではぜんぜん(芝居が)違う」と語り、岡田も「日に日に阿部さんが火のような男になっていった」と絶賛するほど、完ぺきな羽生像を作り上げた阿部。命を懸けた登頂に挑み、より高みを目指す男たちの熱い挑戦の果てに何が待っているのか?ぜひ劇場で目撃してほしい。【Movie Walker】


関連映画

関連映画ニュース