キスマイ藤ヶ谷太輔、小栗旬のツンデレぶりに「二人きりのときめっちゃ優しい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2016/1/23 13:45

キスマイ藤ヶ谷太輔、小栗旬のツンデレぶりに「二人きりのときめっちゃ優しい」

人気コミックを原作にした月9ドラマの劇場版『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』の初日舞台挨拶が1月23日にTOHOシネマズ日劇で開催され、小栗旬、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、高嶋政宏、山田孝之、松山博昭監督が登壇。小栗のツンデレぶりを経験した藤ヶ谷が困惑の表情を見せ、会場の笑いを誘った。

戦国時代にタイムスリップして、織田信長の身代わりとして生きることになった高校生・サブローの数奇な運命を描く本作。序盤にある、「信長の似顔絵を描くシーンが好きだ」という藤ヶ谷。そこでは信長役の小栗がアドリブを入れつつ、藤ヶ谷演じる前田利家にちょっかいを出しているそう。小栗から「最初は藤ヶ谷くんにアドリブを振っていたんですけど、リアクションがイマイチだったんで。途中からは切り替えていきました」と辛辣な言葉を投げかけられると、藤ヶ谷は「僕もいろいろ学びました。この時代の人はどう返していたんだろうと、すごい考えました!」と汗をかきながら述懐。

そんな姿に会場からも笑いが起こっていたが、藤ヶ谷は「ドラマのときに僕は初めての乗馬のシーンもあって。それも教えてくれたし、殺陣も所作も教えてくれた」と小栗に感謝しきりだ。小栗の印象を聞かれると「すごくかっこよくて、優しい。二人きりのときはめっちゃ優しいんですけど、皆さんがいると冷たくする感じがある。ドラマの途中から気付いたんです」と小栗のツンデレぶりに当惑しつつも、少しずつ慣れてきているようだった。

小栗は「ホッとした」と初日を迎えて安堵の表情。「2年近く、今日を迎えるまでみんなで過ごしてきたので。出来上がったものを観て、『ああ、よかった。サブローの長い旅が終わったな』という感じがした」と大プロジェクトを演じきった思いをしみじみと語っていた。

最後には、公開初日を記念し、鏡開きを実施。巨大な盃を預けられた小栗が「天下統一を目指して乾杯!」との掛け声を発した。お酒をぐっと飲んだ小栗は「これはやばいっす。これ全部いったら僕、2回目の舞台挨拶に立てないです」と祝い酒にうれしそうな笑顔。華やかな幕開けに会場からも大きな拍手が上がっていた。【取材・文/成田おり枝】

関連作品