• TOP
  • ニュース
  • 佐々木希、出雲大社の縁結びパワーを実感!「この幸せが伝わるといいな」
  • NEWS

佐々木希、出雲大社の縁結びパワーを実感!「この幸せが伝わるといいな」

2016年1月16日 13:59

佐々木希の美しさに共演者も驚愕!
佐々木希の美しさに共演者も驚愕!

佐々木希主演の映画『縁(えにし) Bride of Izumo』の初日舞台挨拶が1月16日に渋谷シネパレスで開催され、佐々木をはじめ、井坂俊哉、平岡祐太、りりィ、佐野史郎、小室ゆら、堀内博志監督、エグゼクティブ・プロデューサーの高山リオが登壇。佐々木が「この映画に携わっている最中に、私の親友に彼氏ができた」と出雲の縁結びパワーに驚きの表情を見せた。

本作は、出雲を舞台に紡がれる、人々を結ぶ“縁(えにし)”の物語を描いたヒューマンストーリー。出雲大社での、初の本格的な映画撮影が実現したことでも話題だ。佐々木は「ずっと彼氏がいなかった」という親友に出雲のお守りもあげたそうで、「彼氏がようやくできて、私もすごく幸せでした。それぐらいのパワーが、出雲大社にもこの映画にもきっとある。この幸せなパワーがみなさんに伝わるといいなと思っています」と輝くような笑顔で、メッセージを送った。

美しい笑顔で会場を魅了していた佐々木だが、それは共演者も同じ様子。佐々木演じる真紀の叔母役を演じたりりィは、「希ちゃんがいつもすっごいきれいで。ちょっとポーッとしてしまった。本当に近くでいいものを見させてもらった」と率直な感想を語り、会場も大爆笑。佐々木は「ありがとうございます」と大照れだった。

撮影監督を務めたのは、世界的カメラマンのクリストファー・ドイル。ドイルが撮影を担った「『恋する惑星』が大好き」だという佐々木は、「とてもハッピーな方。現場にいるだけで明るくなる、太陽のような存在」とドイルの印象を吐露。

「ジョークもおっしゃる方で笑いが絶えない現場だった。お会いするのを楽しみにしていたんですが、あそこまで明るい方だとは。期待を裏切ったというか、期待を超えてきました」と憧れの監督の意外な一面に大喜び。充実した撮影を楽しそうに振り返っていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース