• TOP
  • ニュース
  • 『ジュラシック・ワールド』女優、GG賞のドレスはデパートで購入
  • GOSSIP

『ジュラシック・ワールド』女優、GG賞のドレスはデパートで購入

2016年1月13日 18:40

大ヒット作『ジュラシック・ワールド』で主演を務めたブライス・ダラス・ハワード(34)が、現地時間の10日に開催された第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(以下GG賞)のプレゼンターを務めた際のドレスは、デパートで購入したものだったそうだ。

大ヒット作『ジュラシック・ワールド』で主演を務めたブライス・ダラス・ハワード
大ヒット作『ジュラシック・ワールド』で主演を務めたブライス・ダラス・ハワード写真:SPLASH/アフロ

キャサリン妃も御用達のジェニー・パッカムのブルーのシークインとレースのドレスを着ていたブライスが、「私は(アメリカの)サイズ6なんだけど、デザイナーズドレスのサンプルは0から2(日本のXS)しかなかったの。たくさんオプションがあればその中から選びたかったのだけれども、サンプルは1つしか選択肢がなかったの。だから先週ニーマン・マーカス(デパート)に行って4800ドル(約56万5000円)で購入したの」と米テレビ番組E!主催のレッドカーペットインタビューで明らかにした。

【写真を見る】ゴールデン・グローブ賞に華麗なドレスで登場したブライスの全身写真
【写真を見る】ゴールデン・グローブ賞に華麗なドレスで登場したブライスの全身写真写真:SPLASH/アフロ

過去に一度同賞にノミネートされているブライスだが、その際には脚本家組合のストライキでキャンセルされてしまったため、GG賞に出席するのは今回が初めてのこと。レッドカーペット初デビューにして、辛酸をなめたようだ。

これには女性たちが黙っていなかった!先日ジェニファー・ローレンスが、男女の賃金格差だけではなく、女優のやせ志向を一蹴していたが、「サイズ6でも着るドレスがないなんて。狂ってる」「サイズ6ってアメリカでは十分やせている。でもハリウッドでは0が標準なのね」と女性たちからの同情と、ハリウッドが作り出すやせ志向に反撃するツイートが飛び交っている。

2012年の第84回アカデミー賞で助演女優賞を受賞した際のオクタヴィア・スペンサーは、タダシ・ショージのオーダーメイドのドレスを着ていたが、今回激ヤセしてGG賞に出席したメリッサ・マッカーシーは、同じ2012年にアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた際に、授賞式に着ていくドレスをデザイナーから提供してもらえなかったことを激白。「あの時は、私にドレスを作ってくれる人を見つけられなかった。こういうイベントで、いろいろな人のドレスを作っている有名デザイナー5、6人に声をかけたけど、ノーと断られたわ」と語っている。

同じくゴールデン・グローブ賞に出席したメリッサ・マッカーシー
同じくゴールデン・グローブ賞に出席したメリッサ・マッカーシー写真:SPLASH/アフロ

ブライスの場合、ふたりほど太っているわけではないが、特定のデザイナー以外はイメージダウンを嫌ってか、ハリウッドスタンダードのサイズのドレスしか作らない現実が明らかになった。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース