• NEWS

土屋太鳳、初めての声優業にド緊張!「透明になりそう」

2016年1月05日 22:51

土屋太鳳、初めての声優業にド緊張!

三部けいの人気コミックをTVアニメ化した「僕だけがいない街」の完成披露試写会が1月5日に新宿バルト9で開催され、声優を務める土屋太鳳、満島真之介、赤崎千夏、伊藤智彦監督が登壇。声優に初挑戦した土屋が「私にとってあまりにも大きな挑戦です。今日はすごく緊張していて、(頭が)真っ白になるのを通り越して、透明になりそうです」と緊張の思いを語った。

自分だけの時が巻き戻る現象“再上映(リバイバル)”に悩まされる主人公・藤沼悟が、過去と現在を行き来しながら、連続誘拐事件の謎に迫る姿を描く本作。土屋は小学生の悟、満島が29歳の悟を演じる。完成した1話、2話を観た土屋は「秘めた熱量を感じた」と出来栄えを語るとともに、「自分の課題をすごく厳しく実感しました。声に命を吹き込むというのはとても難しい」と自身への反省点も見えたという。

土屋と2人1役で悟役を演じる満島も、声優初挑戦。満島は「緊張しました」と振り返りつつ、「アフレコの現場は、すごく密な空間で。チームでやっているんだなというのがすごく感じられた。それにとても救われた」と本作のチームワークに感謝しきり。赤崎は「満島さんが扉を破っている感じがあって。ムードメーカーです」と、満島に笑顔を向けていた。

また最後の挨拶でも、土屋が「キャリアも基礎もない私が声を担当させていただくのは、本当に責任重大」と再び新たなチャレンジへの思いを告白。「観ていただく方に鍛えていただければと思います。全力を注ぎます」と熱く意気込みを語った。赤崎は「真っ裸で向かってきている感じがする」と土屋と満島の演技の印象を吐露。「こういうお芝居をするかなと思ったものとまったく違うものが飛んできて、アフレコでびっくりしている。楽しい思いをさせていただきながら作品を作らせていただいている」と二人から受ける刺激を明かしていた。

「僕だけがいない街」は1月7日(木)よりフジテレビ「ノイタミナ」他にて放送開始。【取材・文/成田おり枝】

関連映画ニュース

ヘア&メイク:太田年哉(maroonbrand) スタイリスト:松田晃斉(SIGNO)| [c]2015「orange」製作委員会 [c]高野苺/双葉社