• GOSSIP

マドンナ、親権バトルの戦場が法廷からインスタへ!

2016年1月1日 13:00

息子ロッコの親権をめぐって元夫ガイ・リッチーと揉めているマドンナが、裁判所からインスタグラムに戦いの場を移してガイ一家とやり合っている。

マドンナと息子のロッコ
マドンナと息子のロッコ写真:SPLASH/アフロ

ロッコから米国に帰りたくないと言われたマドンナは、クリスマスに自分とロッコのツーショット写真をインスタグラムに投稿し、「あなたは私のサンシャイン」と息子にメッセージを送っていた。が、これを受け、今度はガイの現在の妻ジャッキーが、「リッチー家より愛を込めて」というメッセージ付きで、自分とガイの結婚式でロッコが自分の隣に立って写っている家族写真を投稿した。

このウェディング写真には、ガイ、ジャッキー、ロッコの3人が中央に並び、ガイとジャッキーの間に生まれた3人の子供たちと、ガイとマドンナが養子縁組した10歳のデヴィッドも写っている。ロッコは自分の足元で遊んでいる小さい妹や弟を笑いながら見つめており、幸福な家族を絵に描いたような写真。これをリッチー家からマドンナへの宣戦布告と見る関係者もいるようだ。

マドンナは、ロッコ以外の子供たちの写真も連続投稿しており、ロッコの姉のローデス、養子のデヴィッドとマーシーのソロ写真を次々とインスタにポスティングしている。

一方、ロッコはロンドンの街でスケートボードを楽しんでいるビデオを投稿しており、米国に未練はなさそうだ。ロッコは、学校が始まるまでには米国に戻り、母親と話し合うように裁判所から命じられている。

記事を掲載した英紙デイリー・メールのサイトには「もし自分の母親がマドンナのような格好をしていたら、私だって嫌」「この画像の連投を見てもわかる。ソーシャルメディアをやっている時間があったら子供と一緒に過ごせ」「このバトルはもうマドンナの負け。これ以上息子を晒しものにしないほうがいい」といったコメントが寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

関連映画ニュース