• NEWS

ついに本性現る!?山田孝之の“腹黒秀吉”が怖い!

2015年12月28日 10:00

“月9ドラマ”初の時代劇の完結編となる映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』(16年1月23日公開)。主演の小栗旬をはじめ、柴咲コウ、向井理、高嶋政宏らにぎやかなキャストが集結するなかで、その芸達者ぶりからいまや“カメレオン俳優”と名高い山田孝之が、史実とは異なる“ダークな秀吉”で存在感を発揮!

ドラマ版に引き続き、“ダークな秀吉”を演じる山田孝之 | [c]石井あゆみ/小学館 [c]2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

ひょんなことから戦国時代にタイムスリップした現代の高校生・サブロー(小栗)が、自分と瓜二つな人相だった織田信長に成り代わってしまう奇譚を描いた本作。信長として過ごすうちに「戦のない世にしたい」と天下統一を目指していたサブローに、信長の死を意味する“本能寺の変”が迫る。

そんな戦国史のクライマックスが展開される今作で、山田は後の豊臣秀吉こと、羽柴秀吉を好演。史実では信長の忠実な家臣だが、この物語の秀吉は、信長の暗殺を図る悪役として登場する!

【写真を見る】虎視眈々と信長(小栗旬)の首を狙う! | [c]石井あゆみ/小学館 [c]2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

信長の前では常に主君を敬う穏やかな表情を浮かべているものの、腹の中では、過去の戦での恨みから信長に対して激しい憎悪を燃やす。情けもかけずに信長の首を獲ろうと、猛々しい声で「敵は本能寺にあり!」と号令をかける山場のシーンでは、鬼気迫る山田の悪役ぶりに圧倒されてしまうはず。

明智光秀(小栗旬)と裏で密会!? | [c]石井あゆみ/小学館 [c]2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

じつは、山田と仲良いことでも知られる小栗がこの秀吉役を本人に直接オファーしたという逸話も。山田は持ち前の演技力で見事にその期待に応えたようだ。

『闇金ウシジマくん』シリーズや『新宿スワン』(15)でみせる極悪非道な“悪人”から、TVドラマシリーズ「勇者ヨシヒコ」や『鴨川ホルモー』(09)などのコミカルな役どころまで、多彩なキャラクターに成りきってしまう山田。今作の“ダークな秀吉”役で、また新たな一面が堪能できそうだ。

山田の威圧感に圧倒されそう! | [c]石井あゆみ/小学館 [c]2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]石井あゆみ/小学館 [c]2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社| [C]石井あゆみ/小学館 [C]2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社| [c]巴亮介/講談社 [c]2016映画「ミュージアム」製作委員会| [c]貴家悠・橘賢一/集英社 [c]2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会| [c]諫山 創/講談社 [c]映画「進撃の巨人」製作委員会