• NEWS

山本舞香、JRのCMは「うれしいけど恥ずかしい」

2015年12月5日 13:24

「JR SKISKI」の新ヒロインに選ばれ、いよいよ本格ブレイクの兆しを見せている女優・山本舞香。CMだけでなく、今年は映画『Zアイランド』(15)やドラマ「南くんの恋人~my little lover」に出演するなど、映像作品に引っ張りだこだった。12月5日、そんな山本がブックファースト新宿店で行われた「山本舞香 2016カレンダー」の発売イベントに登場し、一年を振り返るコメントを残した。

「山本舞香 2016カレンダー」の発売イベントに登場した山本舞香
「山本舞香 2016カレンダー」の発売イベントに登場した山本舞香

イベント直前の囲み取材で山本は「2015年はいつも地方にいた一年でした。CMもドラマも映画も、全部撮影が地方だったので、都内にいる時間はほとんどなかった」と女優業の充実ぶりを語った。かねてから公言していた“人見知り”も克服したようで「インタビューにちゃんと答えられるようになったと思います。一年前は質問にどうやって答えたら良いかわからなくて、『はい』と『うん』しか言えなかった(笑)」と成長を実感している様子。

取材中、「JR SKISKI」のヒロインに抜擢されたことに話が及ぶと「毎年、駅に貼ってあるのを見て『これ、自分が写っていたらどんな感じなんだろう?』と思ってたので、お話をいただいたときは本当にうれしかった。一緒に仕事をしたスタッフさんからも反響があって…。でも駅で見かけるとやっぱり恥ずかくて、素通りしますね。自分で見てたら変じゃないですか(笑)」。

【写真を見る】大忙しだった2015年を振り返る山本舞香
【写真を見る】大忙しだった2015年を振り返る山本舞香

「今年は新しいキャラクターを演じたいと思っていたんですが、来年は一回演じたことがあるキャラクターでも、もっと別の表現ができるように勉強していきたいです」と抱負を語った山本は、最後に来年公開の作品をPR。

「『暗殺教室 -卒業編-』(16年春公開)は結構山場が多くて、体力的にも精神的にも大変だったんですが、スタッフさんと共演者の方に支えられて乗り越えられました。『桜ノ雨』(16年3月公開)は初めての主演作。いろんな方に見ていただきたいので、トーク術を身につけて、うまく作品のことを伝えていきたいです!」。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース