感動の口コミが続々!『リトルプリンス』が首位を奪取 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/12/1 14:03

感動の口コミが続々!『リトルプリンス』が首位を奪取

11月28・29日の興行ランキングは、先週3位だった『リトルプリンス 星の王子さまと私』がランクアップ!前週にトップ3を競い合った『レインツリーの国』、『ガールズ&パンツァー 劇場版』を抑え、首位の座に輝いた。

土日2日間で動員6万1016人、興収7801万200円の成績を収めた『リトルプリンス 星の王子さまと私』。ヒットには口コミ効果も後押しをしているようで、「涙がぼろぼろあふれてきた」、「自分にとって大切なものは何かと考えさせられる」など、感動の声が寄せられているとのこと。

さらに、箱根にある「星の王子さまミュージアム」をはじめ、各所で開催されているタイアップイベントも盛況中。劇場以外で作品世界を楽しめるところも、ファンの心を掴んだ魅力の1つかもしれない。

一方、先週に引き続き2位をキープしたのは、『ガールズ&パンツァー 劇場版』。土日2日間の動員は4万1957人、興収は6493万3050円を記録した。3位に後退した『レインツリーの国』は、動員数4万953人、興収5207万600円をあげた。

また、今週トップ10入りを果たした唯一の初登場作品が、アカデミー賞女優のヘレン・ミレンが主演した人間ドラマ『黄金のアデーレ 名画の帰還』。119スクリーンの公開で、土日2日間で動員2万2563人、興収2815万3900円をあげ、9位にランクインとなった。

しかし、11月27・28・29日と、『007 スペクター』(12月4日公開)の先行公開が全国の劇場で行われていた影響か、全体的に成績の伸び悩びが目立った先週末。12月には前述の『007 スペクター』のほか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)など話題作の公開が控えており、年末興行に向けてのランキングの盛り上がりに期待したい!【トライワークス】

関連作品