嵐・ニノ×黒木華による“昭和カップル”ぶりがイイ感じ! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/11/30 8:00

嵐・ニノ×黒木華による“昭和カップル”ぶりがイイ感じ!

戦争によって亡くなったはずの息子と母の交流を描いた山田洋次監督の最新作『母と暮せば』(12月12日公開)。本作で恋人同士を演じた息子役の二宮和也と黒木華が、思わずニヤけてしまうイチャつきっぷりを披露している!

『母と暮せば』で二宮和也と恋人同士を演じた黒木華
『母と暮せば』で二宮和也と恋人同士を演じた黒木華[c]2015「母と暮せば」製作委員会

戦後間もない1948年の長崎。助産師をして暮らす伸子(吉永小百合)のもとに、原爆で亡くなった息子・浩二(二宮)の亡霊がひょっこりと現れる。伸子は、息子との3年ぶりの再会に喜ぶが、浩二の心残りは生前、結婚を誓い合った町子(黒木)のことだった…。

浩二が亡くなる前の回想シーンでは、浩二と町子の仲睦まじいシーンが登場。制服姿で町子が浩二の背中にそっと寄り添ったり、一緒にこたつに入っていい感じの雰囲気になったり、初々しさ漂うやり取りにホッとさせられる。また唇が触れそうなほどの距離で見つめ合い、町子が人差し指で浩二の鼻先をツンっと触れるなど、思わずニヤニヤしてしまう一面も!

【写真を見る】亡くなった恋人に思いを寄せる一途な女性を演じた黒木
【写真を見る】亡くなった恋人に思いを寄せる一途な女性を演じた黒木[c]2015「母と暮せば」製作委員会

現代とはまた違った古風な昭和の恋人たちの距離感が、むしろ新鮮に映り、ドキドキしてしまう本作。二宮や黒木の立場になって“昭和デート”を体験できるかも!?【トライワークス】

関連作品

  • 母と暮せば

    3.8
    4
    山田洋次監督、吉永小百合と二宮和也が親子役で共演する人間ドラマ