• NEWS

西内まりや、キスマイ玉森裕太のシャイさにびっくり!

2015年11月21日 13:26

西内まりや、キスマイ玉森裕太のシャイさにびっくり

「図書館戦争」や「阪急電車」の人気作家・有川浩の恋愛小説を映画化した『レインツリーの国』の初日舞台挨拶が、11月21日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。Kis-My-Ft2の玉森裕太、西内まりや、森カンナ、大杉漣、高畑淳子、三宅喜重監督が登壇し、くす玉を割って映画の公開初日を祝った。舞台挨拶の模様は、全国100劇場で生中継された。

玉森は「初主演ということで、緊張やプレッシャーがありましたが、心に残る作品になりました」と挨拶。

玉森は、初共演となった西内について「明るいイメージがありました。元気、明るい」と照れる。「でも、撮影中も全くイメージが変わらず。夜遅くても、常に元気で、力をもらいました」と感謝した。

西内は「会う度に、初対面に戻っています。公開初日ですよ!」と、笑顔で玉森の人見知りぶりに突っ込むと、玉森は「うれしいですね」とタジタジ。西内は「すごくシャイな方なんだなと。イメージとは違いました。ただ、それが、伸(玉森の役)とひとみ(西内の役)の初々しさや出会いの距離感で、それが出ていて良かった気がします」とコメント。

最後にサプライズとして、主題歌「最後もやっぱり君」を手掛けたKis-My-Ft2のメンバーからのビデオメッセージがスクリーンで上映された。玉森は「知らなかった。危ない。一瞬、うるっとくるかと思った。うれしいですね」と感激し、「1人の仕事は緊張することがたくさんあるけど、ふとメンバーの下に帰ってきた時には安心感があります」と、メンバーへの思いも口にした。

『レインツリーの国』の原作は、「図書館戦争」シリーズ第二弾(「図書館内乱」角川文庫刊)に登場する架空の小説を基に、著者が作品化したもの。映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)の三宅喜重監督がメガホンをとり、Kis-My-Ft2が主題歌「最後もやっぱり君」も手掛けた。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015「レインツリーの国」製作委員会| [c]2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会| [c]諫山 創/講談社 [c]映画「進撃の巨人」製作委員会