絶好調『MOZU』『グラスホッパー』がNo.1、2を死守 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/11/17 10:20

絶好調『MOZU』『グラスホッパー』がNo.1、2を死守

11月14・15日の週末ランキングは、1、2位ともに前週から変動なし。WOWOWとTBSが共同制作したドラマの続編『劇場版MOZU』が2週連続首位を獲得し、先週2位だった生田斗真主演の『グラスホッパー』が、引き続きその後を追う形となった。

V2を達成した『劇場版MOZU』は、土日2日間で動員12万2982人、興収1億5782万8000円を記録。僅差で2位となった『グラスホッパー』は、動員10万4974人、興収1億3438万8300円をあげた。

好調をキープしている両作は、大ヒットを記念した舞台挨拶付き上映会の開催も決定している。『劇場版MOZU』は11月18日(水)にTOHOシネマズ日劇で、『グラスホッパー』は11月17日にT・ジョイ博多、新宿ピカデリーにてそれぞれ開催。なお、上映回のチケットはすでに完売しており、両作ともに話題をキープしたまま次の週末を迎えそうだ。

3位に初登場ランクインを果たしたのは『コードネーム U.N.C.L.E.』。1960年代のイギリスの人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、ガイ・リッチー監督が映画化したスパイ・アクションだ。全国299スクリーンで公開され、土日2日間で8万7433人を動員。興収は1億1334万1000円だった。

また、惜しくもトップ10入りは逃したが、34歳で夭折したSF作家・伊藤計劃原作のアニメ『ハーモニー』が11位、紀里谷和明監督が初のハリウッド進出を果たした『ラスト・ナイツ』が12位に初登場している。【トライワークス】

関連作品

  • コードネーム U.N.C.L.E.

    3.6
    5
    スパイドラマ「0011ナポレオン・ソロ」をガイ・リッチーが映画化したサスペンス
  • ラスト・ナイツ

    2.9
    3
    紀里谷和明監督、自ら手を下した主君の復讐の機会を狙う騎士たちの姿を描くドラマ
  • ハーモニー

    2.7
    3
    故・伊藤計劃の小説を劇場アニメ化する、Project Itohの第三弾
  • グラスホッパー

    2.7
    17
    伊坂幸太郎のベストセラー小説を生田斗真主演で映画化したサスペンス
  • 劇場版MOZU

    2.8
    16
    逢坂剛の人気小説を原作に、TBS×WOWOWでテレビドラマ化した「MOZU」の劇場版