ミムラ、松雪泰子に「痴態の限りをさらした」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/11/16 20:10

ミムラ、松雪泰子に「痴態の限りをさらした」

連続ドラマW「5人のジュンコ」の完成披露試写会が11月16日に東京国際フォーラムで開催され、松雪泰子、ミムラ、権野元監督が登壇。「女性だけで綴るサスペンス」とアピールした松雪が、「女って怖い」と脚本を読んだ率直な感想を明かした。

人間の暗部をえぐり出す作風で定評がある作家・真梨幸子の同名小説をドラマ化する本作。連続不審死事件を軸に、名前が同じ5人の“ジュンコ”たちの出会いが悪意の連鎖によって繋がっていく様を描く。事件の真相を探ろうとするジャーナリスト・田辺絢子役を松雪が演じている。松雪は「女性ならではの業や情念、嫉妬、悪意など、男性にはもしかしたら理解しにくい領域の、女性ならではの感情が表現されている作品」とじっくりとコメント。「女って怖い」と女性に潜む恐ろしさを実感したようだ。

女性だらけの現場をまとめた権野監督は「女優さんって実は男っぽくてサバサバしている。胸を借りさせていただいて、ぶつかり稽古をさせてもらったような感じ」と頼もしい女優陣に感謝しきり。その中で、12年ぶりの共演を果たしのが、松雪とミムラだ。松雪は「ミムラちゃんのデビューのとき、ドラマで一緒だった。そのときから、独自の発想が常にあって。とても楽しいと思っていた」と12年前の共演を述懐。「今回、さらに進化されていて、素敵でした。一緒にやっていて怖かったです」と女性の恐ろしさを表現する作品だけに、ミムラの“怖さ”すら感じさせる演技を絶賛していた。

ミムラは「デビューのときにお世話になりまして、ありがとうございます」と松雪に一礼。デビュー前から松雪は大好きな女優だったというミムラだが、「デビューして、ものすごい痴態の限りをさらしまくったわけで。申し訳ない気持ちとお世話になった気持ち」と照れ笑い。「デビューのときに、お世話になった先輩の方々ともう一度一緒にお芝居できるようにというのが、ここ12年のモチベーションになっている。松雪さんとこんなにガッツリと対面してお芝居ができることに、毎日幸せを感じていました」と喜びを噛み締めていた。

連続ドラマW「5人のジュンコ」は、11月21日(土)よりWOWOWプライムにて放送。【取材・文/成田おり枝】