• NEWS

キスマイ玉森が天然キャラを捨て硬派な関西弁男子に!?

2015年11月15日 8:00

キスマイ玉森が男らしい姿で初主演を飾る『レインツリーの国』 | [c]2015「レインツリーの国」製作委員会

バラエティ番組「キスマイBUSAIKU!?」などで見せる、天然な言動&ツンデレさが人気の玉森裕太(Kis-My-Ft2)。普段は可愛らしい部分が目立つ玉森だが、『レインツリーの国』(11月21日公開)では、正義感が強い青年を演じ、堂々の映画初主演を飾っている。

本作は、「図書館戦争」シリーズなどヒット作を生み出してきた有川浩による、ロングセラー恋愛小説が原作。玉森が演じる“伸(しん)”こと向坂伸行は、正直者で自分の意志をきちんと伝える大阪出身のサラリーマンだ。

伸行があるブログにコメントを寄せたのをきっかけに、管理人の“ひとみ”こと人見利香(西内まりや)とメールのやりとりをしていくうち、次第に彼女に惹かれていく、というストーリーが展開。

劇中では、利香をリードして気持ちをストレートに伝えたり、彼女を傷つける人に立ち向かう…など、硬派で男らしい姿を披露!「オレは、君の中身が好きなんやから」「直接会ってみたいんや」と、関西弁で猛アプローチする姿も新鮮だ。

そんな伸行の姿を、「僕は伸行みたいにきっぱり『俺はこうだ』と言えないですし、そういう意味では正反対の性格です(笑)。伸行が羨ましい」と、自身の性格と比較し分析する玉森。しかし自分を飾らず素直にふるまう伸行の姿は、どこか玉森の素に近い部分ともマッチしていて好印象!

バラエティ番組では「薄力粉」を「うすりき?うすりょく?」と読み間違えたりと、放っておけない天然ぶりが日々炸裂しているが、そんなテレビのイメージとは違った頼もしい玉森の姿を、ぜひ劇場でチェックしてほしい!【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015「レインツリーの国」製作委員会| [c]2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会| [c]諫山 創/講談社 [c]映画「進撃の巨人」製作委員会