• NEWS

香取慎吾が綾瀬はるかと遠藤憲一の出産シーンに「うらやましい」

2015年10月24日 13:01

『ギャラクシー街道』に出演した綾瀬はるか
『ギャラクシー街道』に出演した綾瀬はるか

三谷幸喜脚本・監督の『ギャラクシー街道』の初日舞台挨拶が10月24日に日劇1で開催され、香取慎吾、綾瀬はるから豪華キャスト10名と三谷監督が登壇。本作が、宇宙人たちによるスペースロマンティックコメディということで、香取は「宇宙人の香取慎吾です」とおちゃめに挨拶をした。

登壇したのは香取、綾瀬のほか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則、石丸幹二、大竹しのぶ、西田敏行、三谷監督の総勢11名だ。クロストークで盛り上がったのは、劇中で綾瀬と遠藤が演じた宇宙人たちの出産シーンの話だ。

香取は「うらやましいです。一生に一度あるかないか、いや、ないでしょ。(面白くて)あんなにふいちゃいそうになるってこと、僕はあまりないんですが、さすがに辛かった。あの格好で又を広げて。また『お前の子どもを産もうとしているんだぞ』と言うあの気持ち(を作るの)が大変でした」と告白。

綾瀬は出産シーンについて「私は見守っている感じでした。台詞プラス『大丈夫、大丈夫』と言うのが、すごくウェッティだったんです。それで変な気持ちになりました」と、はにかみ笑顔を見せた。

遠藤は役のオファーについて「出産できると聞いて、即飛び込みました。衣装合わせで行った途端、あの格好をさせられましたが」とバギーガールの衣装について苦笑い。三谷は「あの衣装になったのは、遠藤さんから『足が自慢なので、足を見せたい。あと、背中を見せたいと言われて。実際きれいでした』と言うと、遠藤は「言ってない!」と突っ込み、会場は大爆笑となった。

最後に、本日公開初日なので、「ギャラクシー街道」開通と称して、全員でテープカットを行った。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース