水川あさみ、成宮寛貴からの「素敵です」に大照れ |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/10/15 20:25

水川あさみ、成宮寛貴からの「素敵です」に大照れ

映画『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』(10月31日公開)の3D吹き替え版完成披露試写イベントが10月15日にユナイテッドシネマ豊洲で開催され、声優を務めた成宮寛貴と水川あさみが登壇。お互いに「素敵でした」と演じた役柄への印象を笑顔で語り、相思相愛の様子を見せた。

本作は、ピーター・パンの誕生秘話を色鮮やかな映像美で描くファンタジー。成宮が、ピーターとかつて仲間だったという驚きの過去をもつ若き日の“フック船長”。水川が、戦うプリンセス“タイガー・リリー”の声を演じている。「タイガー・リリーとフックの恋の行方も描かれている。それが淡くてドキドキする!」と恋模様にも注目してほしいという水川。成宮のフックについては、「本当に素敵でした。フックの無骨でちょっと不器用な感じも、声のトーンで使い分けていらっしゃって。さすがだなと思いました」と惚れ惚れ。

水川は、今回が吹き替え初挑戦となった。成宮は「素晴らしかったです。自然を愛するネイチャーな感じが、水川さんの低くてしっかりとした声とすごく合っていた。すごく素敵でした」と水川の声の演技を絶賛。水川は「ウフフ、恥ずかしい」と頬を染めるなど、仲睦まじい様子に会場からも笑みがこぼれていた。

「子どもの頃からピーターパンが大好きだった」と声をそろえた二人。本作の感想を聞かれると、成宮は「最初、ピーターは飛べないんです。あるところで、人を守るために飛び降りて、そこで初めてピーターパンになるんです。思い出すだけで泣いちゃいそう」と瞳を潤ませた。水川は「誰も傷つかない。たくさんの夢と希望と愛が詰まった映画」とにっこり。「拳銃を撃っても、いろいろな色の煙で表現されるなど、血が出ないんです。そういうところもこの映画ならではの見どころ」と、ファンタジックな世界観にたっぷりと魅了されたようだ。

最後には、成宮と水川がシルバーの紙吹雪を投げかけたことを合図に、観客がポンポンを振って人文字で「PAN」の文字を作成。魔法いっぱいのネバーランドの世界を表現し、舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

関連作品