同性愛者役を演じた2人の女優、胸無しドレスが話題 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/10/13 20:27

同性愛者役を演じた2人の女優、胸無しドレスが話題

第53回ニューヨーク映画祭に出品された『キャロル(原題)』でレッドケーペットを歩いたケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの胸無しドレス姿が話題を呼んでいる。

第53回ニューヨーク映画祭に登場したケイト・ブランシェットとルーニー・マーラ
第53回ニューヨーク映画祭に登場したケイト・ブランシェットとルーニー・マーラ写真:SPLASH/アフロ

ケイトが着ていたのは、胸元と腕の部分がまるでタトゥーのようなYacine Aouadiの黒いドレス。ケイトにしてはかなり珍しく、胸元が大きく開いたプランジドレスで、横から見るとほぼフラットだ。

一方、ルーニーが着ていたのは、上半身がパネル型のスパンコールの黒いドレス。脇から少し胸がはみ出しているものの、横から見ると華奢な上半身は胸より肩甲骨の方が飛び出しており、「前後ろが分からない」「ドレスも仲よくそろえたのかな」と話題になっているが、あまり評判は良くないようだ。

「前後ろが分からない」とのコメントも
「前後ろが分からない」とのコメントも写真:SPLASH/アフロ

ふたりは、アカデミー賞の呼び声も高いトッド・ヘインズ監督による同作で、レズビアン役を熱演。ベッドシーンで裸体を惜しげもなく披露しているルーニーは、第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞しており、オスカー女優のケイトと共に、賞レースを賑わすことが確実視されている。【NY在住/JUNKO】