• NEWS

佐藤健の手や唇を神木隆之介が激写「存在が美しい」

2015年10月12日 20:03

佐藤健、神木隆之介から「存在が美しい」と賞賛される

「DEATH NOTE」の大場つぐみ×小畑健の人気コミックを実写映画化した『バクマン。』の大ヒット舞台挨拶が、10月12日にTOHOシネマズ日劇2で開催。佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太が登壇した。佐藤と神木は、10月10日~12日の3連休で全国を周り、合計23回、約1万人の前で舞台挨拶を行い、この劇場でゴールを迎えた。

3日の全国キャンペーンを神木と共に回った佐藤は「撮影期間以上に隆(神木隆之介)のいろんな面が見えました。カニ、隆は触れないんです」と言うと、神木は「はい。触れません。食べるのは大好きです」と告白する。

佐藤が「身を取ってあげないと食べられない」と言うと、桐谷が「子どもやん」と突っ込み、会場は大爆笑。神木が「足がついてるし、そこから取るのも、痛い痛いってなるし」と説明すると、会場から「かわいい」という声が上がる。小松も「かわいいと思います」と笑顔を見せた。

続いて、舞台挨拶では、3日間で神木が撮った、佐藤のオフショットが紹介された。最初の1枚は手のアップで、佐藤は「いつの間に撮っていたの?」と驚く。神木は「佐藤健は顔が美しいんじゃない。存在が美しいんだってことで、まず手から」と言うと、会場の観客も大興奮。

そのほか、佐藤の口元のアップの写真についても、神木は「唇とホクロ。ああ、きれいだなと思いながら撮りました」とノリノリに語った。最後は全員で、お祝いのくす玉を割り、大盛況のなか、舞台挨拶は幕を閉じた。

『バクマン。』は、画力に優れた最高(佐藤健)と、巧みな物語を生み出す秋人(神木隆之介)のコンビが、週刊少年ジャンプのトップを目指すという青春ストーリー。『モテキ』(11)の大根仁監督がメガホンをとった。現在大ヒット中で、10月11日までの数字で、興行収入6.7億円を叩きだしている。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015映画「バクマン。」製作委員会 [c]大場つぐみ・小畑健/集英社| [c]2015 映画「バクマン。 」製作委員会 [c]大場つぐみ・小畑健/集英社| [c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会| (C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会| [c]2015映画「バクマン。」製作委員会| 撮影/岡本英理 ヘアメイク/ビタミンズ・MIZUHO(佐藤)、&'s management・INOMATA(神木) スタイリスト/S-14・中兼英朗(佐藤)、猪塚慶太(神木)