30kg増量の鈴木亮平が“ゴツメン”の壮絶な役作りを告白 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/10/6 20:18

30kg増量の鈴木亮平が“ゴツメン”の壮絶な役作りを告白

「別冊マーガレット」で連載中の人気コミックを映画化した『俺物語!!』(10月31日公開)の完成披露試写会が、10月6日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。鈴木亮平、永野芽郁、坂口健太郎、河合勇人監督が舞台挨拶に登壇した。役作りで30kg増量し、イカツイ剛田猛男役を演じた鈴木は、ラグビー日本代表の活躍ぶりに触れ「日本も遂に“ゴツメン”の時代が来た」と映画をアピールした。

劇中で、猛男が漢(おとこ)気たっぷりに「好きだー!」と言うセリフが印象的な本作。そこで、鈴木と坂口が“漢気告白”対決をすることに。坂口は永野と寸劇を披露した後「たぶん、気持ちを奪ったと思います」と言うと、永野も「奪われました」とはにかむ。鈴木は「取り戻さなきゃ」と気合十分だった。

鈴木は、猛男ばりに「永野!永野!好きだ!!」と叫び、会場は大受け。鈴木は「撮影していた仙台のキラキラした場所を思い出してやりました。変な汗、すごくかいたな」と笑う。結果は、永野の判定で鈴木に軍配が上がった。

永野は「つい猛男くんと言っちゃうくらい、漢気にあふれてました」と興奮すると、坂口も「感極まっちゃったところがあって。映画の1シーンのようでした」と感激しきりだった。河合監督も「大変良かったです」と御の字の様子だった。

続いて、劇中で猛男が勢いよく頬張るマカロンが、鈴木が増量した30kg分用意され、巨大マカロンタワーとなって登場。鈴木は「ありがとうございます!」と感謝した後、増量について「とにかくずっと食べてました。夜、寝てる間に消化しちゃうので、夜1回起きて、食べてまた寝る。まとめて寝れないのがストレスでした」と苦労話を明かした。

『俺物語!!』は、高校生らしからぬいかつい顔面と屈強な肉体をもった少年・剛田猛男の純愛を描いた感動作。2013年「このマンガがすごい!」オンナ編第1位、同年「講談社漫画賞少女部門」も受賞、2015年4月からはテレビアニメも放送されて人気を博した。【取材・文/山崎伸子】

関連作品

  • 俺物語!!

    4.1
    16
    不器用な男子高校生の純愛を描きアニメにもなった人気コミックを鈴木亮平主演で映画化