• GOSSIP

R・ゼルウィガー、不自然に若いブリジットに再炎上!

2015年10月6日 08:19

現在撮影中の新作『Bridget Jones's Baby』の、レニー・ゼルウィガーのあまりの顔の変わりように、再び炎上騒ぎが起きている。



昨年、レニーの顔が変わりはてたことで、「皆が愛していたブリジッドは戻ってこない」と報じられたが、それに対抗するかのように同作のブリジッドのイメージ写真がお披露目された。

白いセーター姿にiPadを抱きしめて上目使いにほほ笑むレニーの顔は、三重になって落ちくぼみ、眉毛と上まぶたの間がくっつくほどになっていた目元とは大きく変わっており、「ブリジッドが激太りに悩んでいた前作とは違う。しかし、普段より少し体重が増えているとはいえ、目と眉の間にも間隔があり、かなり若々しくなった」とデイリー・メール紙が写真付きで伝えている。

イメージ写真のレニーはとてもキュートで、それなりにシワはあるものの、昨年からプライベートやレッドカーペットで登場しているレニーとは、まるで別人に見える。

それについてネットユーザーからは、「なんてこった!またメスを入れたのかな。目元が全然違って膨れている」「元に戻ったわけではなく、また別人になってしまった」「誰かわからなかった」「ボトックスしすぎ」と顔をいじったことを指摘する一方で、「『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのポスターで、キーラ・ナイトレイが画像修正で胸を大きくされたり、『セックス・アンド・ザ・シティ2』のときのサラ・ジェシカ・パーカーもシワをバリバリに画像修正されて若くなっていた。レニーもそうかもしれない」「実際の映画を見てみればわかることだけど、どっちにしてもやり過ぎ」と、過剰に画像修正されているだけの疑惑も浮上している。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース