• TOP
  • ニュース
  • キアヌ・リーブス、野村忠宏のゴリ押しにも笑顔で対応
  • NEWS

キアヌ・リーブス、野村忠宏のゴリ押しにも笑顔で対応

2015年9月30日 20:21

キアヌ・リーブスに野村忠宏が柔道の技を提案
キアヌ・リーブスに野村忠宏が柔道の技を提案

キアヌ・リーブスが、主演映画『ジョン・ウィック』(10月16日公開)で、「鈴鹿 8 耐」以来 64 日ぶりに来日。9月30日にディファ有明で開催されたジャパンプレミアで、レッドカーペットを歩き、ファンと交流した。舞台挨拶では、3度オリンピックの金メダルに輝いた柔道家・野村忠宏と共に登壇した。

キアヌは開口一番「ミナサン、コンバンハ」と日本語で挨拶してから、「アクション満載の映画です」と本作をアピール。「アクションの技も、柔道あり、ガンアクションあり、カンフーあり、監督は“ガンフー”と命名しました。また、カーアクションもあります。“カーフー”もあります」と言うと、会場は大爆笑。

野村が、キアヌのアクションを称え、黒帯をプレゼントすると、キアヌは大喜び。野村はキアヌのアクションについて「すごく上手でした。相当練習されたんだなと。流れのなかで投げるのはすごく難しいことなので」と感心する。

キアヌは「映画で初めて柔道の訓練をやったので、3、4カ月間トレーニングをしました。素晴らしい師匠の方々のおかげです」と語った。野村が「その技に関しては、いちばんの師匠になれるかもしれません」とアピールすると、キアヌは「イエス!」と笑顔を見せる。

MCから「まもなく撮影が始まる続編で、柔道の指導者として野村さんはどうですか?」と振られたキアヌは「まずは監督に話させてください」と言った後、「参加していただけるなら光栄です」と前向き発言。野村は「たとえリップサービスだったとしても、キアヌさんからそういう言葉をいただけるのはうれしいです。次回作の撮影が終わるまでは、毎日体を鍛えておきます」と、ちゃっかり自身をゴリ押しした。

『ジョン・ウィック』でキアヌは、マフィアに全てを奪われた元殺し屋役に扮し、ニューヨークを舞台に、たった独りで壮絶な復讐劇を繰り広げる。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース