• NEWS

佐々木希、英国紳士の豪快すぎる瓦割りに絶句!

2015年9月28日 16:25

20枚もの瓦割りを見事成功させたエド・スクラインとそれを見つめる佐々木希
20枚もの瓦割りを見事成功させたエド・スクラインとそれを見つめる佐々木希

「トランスポーター」シリーズの最新作『トランスポーター イグニション』が10月24日(土)から公開。これに先駆け、主演のエド・スクラインの緊急来日! 9月28日にアウディ・フォーラム東京で来日記念イベントが行われ、スクラインがスペシャルゲストの佐々木希の前で瓦割りを披露した。

劇中で重要な役割を果たすアウディS8に乗って登場した2人。英国紳士のスクラインにエスコートされて会場に姿を現した佐々木は「彼は本当にかっこいい!透き通る目が印象的で、初対面で親切に話しかけてくれる優しさもあるんです」とすっかり魅了された様子。

一方のスクラインも「彼女はとってもチャーミングで素敵な人柄だと思う。女優として素晴らしいキャリアを歩んでいると聞いたので、ぜひこれからも成功を収めてほしいね」と佐々木にエールを送った。これを受けて佐々木は「次回作があったらチョイ役でもいいので出たいです(笑)」とお茶目に売り込んでいた。

イベントでは、映画のヒットを祈願してスクラインが日本の伝統芸“瓦割り”に挑戦。20枚もの瓦が運び込まれると、スクラインはまったく表情を崩さず瓦と対峙し、一瞬の静寂の後、豪快な鉄拳を炸裂!見事すべての瓦を割り切った。感想を求められたスクラインが「思ったよりも簡単だね。次回は倍の数にチャレンジしたい」と冷静に語ると、佐々木は「本当に初めて!?」と目を丸くして驚いていた。

スクラインは撮影を振り返り「映画の舞台となった南フランスが本当に美しい場所だった。撮影で2~3か月も滞在できたことがラッキー。今度はぜひ佐々木さんをお連れしたいです」とコメント。佐々木との再会を誓い、イベントを終えた。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース