• GOSSIP

ジョニデの元婚約者が43歳で美しすぎると話題に

2015年9月22日 13:00

ジョニー・デップの元婚約者ウィノナ・ライダーが、ニューヨークのファッションウィークで、広告塔を務めるマーク・ジェイコブスのショーに出演。43歳とは思えないナチュラル・ビューティーに、絶賛の声が挙がっている。

若々しいと話題のウィノナ・ライダー | 写真:SPLASH/アフロ

ウィノナは『シザーハンズ』(90)の共演がきっかけでジョニー・デップと交際を始め、婚約するものの、1993年に破局。そのことが発端で精神を病んでしまったウィノナは、2001年に高級デパートでの万引きが発覚し、キャリアも低迷してしまったと言われている。

近年、映画界でも復活を果たしているウィノナは、この日、1600ドル(約19万円)の黒いマーク・ジェイコブスのドレス姿で、ケイト・マーラやエミリー・ラタコウスキーら若手女優やモデルと共に同ショーに出席したが、デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、目の下に少々クマが見受けられる以外はシワもなく、美しすぎると絶賛されている。

【写真を見る】「太った」と言われるジョニデと新妻のアンバー・ハード | 写真:SPLASH/アフロ

最近では、連日ジョニーの劣化ぶりがメディアを賑わせているとあって、「すごい綺麗!」「ウィノナはずっとジョニーが忘れられないって言ってたけど、やめてよかったって思ったんじゃない?」「吹っ切れた?」「アンバー・ハードより、ウィノナの方が全然いいと思う」といった声が挙がる一方で、「この年でこれだけシワがないのは、ボトックスばりばりの証拠」という意地の悪い意見もある。

「彼女は他のセレブのように、乱れた生活をしていなかった。長い間地味にこの時を待っていたのだから、綺麗でも不思議じゃない」という擁護の声も多いものの、「もともとかもしれないけれど、やっぱりまだ表情が暗い気がする」「写真によるけれど、精神の病がまだ直っていないのではないか」という心配の声も上がっている。

いずれにしてもウィノナは、ティム・バートン監督作『ビートルジュース』(88)の続編に出演することも決まっており、着実に復活の道を歩んでいることには違いない。【NY在住/JUNKO】


関連映画ニュース