• GOSSIP

ヴィクトリア・ベッカム、夫に捧げたタトゥーを除去

2015年9月18日 22:44

ヴィクトリア・ベッカムが夫のデビッドに捧げていたタトゥーをレーザー除去していると英紙デイリー・メールが伝えている。

タトゥー除去に余念がないヴィクトリア・ベッカム | 写真:SPLASH/アフロ

ヴィクトリアは首の後ろから背中の中央にかけて「私と愛しい人は一つ。愛しい人は私のもの」というヘブライ語のタトゥーを入れていたが、ニューヨーク・ファッション・ウィークで米国を訪れているヴィクトリアの写真からは、そのタトゥーが薄くなってほとんど見えなくなっている。

【写真を見る】ヴィクトリアが首の後ろから背中の中央にかけて入れていたタトゥー | 写真:SPLASH/アフロ

ヴィクトリアは過去数か月間、タトゥー除去に余念がなく、手首に入れていたタトゥーも2つ除去している。一つは2006年にデビッドとの結婚の誓いを更新した日付で、もう一つは2007年にデビッドのLAギャラクシーへの移籍で家族そろって米国に引っ越した際に「もう一度、はじめから」という言葉をラテン語で入れていたもの。

ザ・サン紙によれば、ヴィクトリアがタトゥーの除去を始めたのは、ファッションデザイナーとして真剣に受け入れられたいからだそうだ。ビジネスで成功した女性として、上流階級の人々に認められたいのだろう。

一方、夫のデビッドは体中に約40デザインのタトゥーを入れているそうで、今年の夏も長男ブルックリンの愛称を彫ったりして、タトゥーを増やし続けている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ